あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
名作をおうちに飾ろう♪ プチプライスの『 ガーゼハンカチ&フレームセット』が新登場!
あかいくつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あかいくつ

  • 絵本
作: アンデルセン
絵: 岩崎 ちひろ
訳: 神沢 利子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年
ISBN: 9784033040202

5・6歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

赤いダンス靴をはいて教会へいった少女がたどる哀しくふしぎな運命。アンデルセン童話の幻想性豊かな世界が、美しく描かれています。

ベストレビュー

赤い靴の悪魔

赤い靴がどうしていけないのだろう。
いわさきちひろさんの透明感のある絵は、カレンの純粋な心を表現しています。
しんせつな靴屋のおかみさんが作ってくれた赤い靴。
それを履いたのが、母親のお葬式だったというのがとても意味深いのです。
教会には赤い靴を履いていってはいけない。
いわれればその通りですが、カレンは赤い靴に魔法をかけられてしまいました。
それは、まるで覚せい剤のようにとても恐ろしい世界。
赤い靴に踊らされて、みなしごとなったカレンを育ててくれた恩人の奥さまを見殺しにしています。
悲しくてならないのに、カレンは魅せられたように踊り続けます。
そして自分を取り戻すために自分の足を切り落としてもらいます。
カレンにこれほどの罪を感じないのですが、教会の決まりごとを守らぬ恐ろしさなのでしょうか。
カレンは許されて天国に召されます。
それにしても後味の悪さを感じた絵本でした。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アンデルセンさんのその他の作品

すずのへいたいさん / はだかのおうさま / (デジタル)ナイチンゲール / にんぎょひめ / (デジタル)アルク監修英語版おやゆびひめ / (デジタル)マッチうりのしょうじょ

岩崎 ちひろさんのその他の作品

いのちのバトン / みんなほんもの / げんきに なったひ / ビッグえほん ひさの星 / ちひろの絵本 全6冊セット / ちひろの詩 

神沢 利子さんのその他の作品

うすむらさきの花の下は? / くろねこトミイ / おばあさんのひっこし / やさいのともだち / しあわせなワニくん かんちがい レストラン / しあわせなワニくん あべこべの1日



『ぼーるとぼくとくも』 加藤休ミさん インタビュー!

あかいくつ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット