話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

くまにてがみをかきました

くまにてがみをかきました

作・絵: ジョアナ・ハリスン
訳: 竹下 文子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「くまにてがみをかきました」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784032014204

3・4歳から

ベストレビュー

両親の優しさがいっぱい

クマが怖くて怖くて仕方がない女の子。
思い切って「どこかにいって!」と手紙を書いたことから、クマとの手紙のやり取りが始まり、次第に怖かったクマが何だか気になりだしてしまいます。
このクマからの手紙、本当はお母さんが書いてるんですけどね。絵の節々にそれが表れていて、子どもにもそれはわかるみたい。
でも決して「騙されてる!」ではなく、お母さんの優しさとして伝わってきます。
女の子の想像力の豊かさが絵で語られているのもいいですね。
(あっとさん 20代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

トリケラトプスのなんでもないいちにち / ティラノサウルスのはらぺこないちにち / 大型読みきかせ絵本 せんろはつづく まだつづく(全1巻) / まじょのむすめワンナ・ビー / 『黒ねこサンゴロウ』うみねこ島の船乗りの冒険 / なんでもモッテルさん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > くまにてがみをかきました

サニーサイドブックス代表 絵本作家・あいはらひろゆきさんインタビュー

くまにてがみをかきました

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット