宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
あっぱれ!コン助
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あっぱれ!コン助

作・絵: 藤川智子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「あっぱれ!コン助」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年04月
ISBN: 9784061323124

出版社からの紹介

おとうはん、あてが 助けに行きまっせ!
コン助は、妖術使いから父を助け出せるのでしょうか?

鼓にされた、父を助けに、コン助は……!
九尾のきつねの父を救いに、少年コン助はお城に参上します。鼓にされた父との再会を果たすのですが、妖術を解くために鬼面法師との対決が。コン助の運命は?

ベストレビュー

きつねと狸の化かし合い 親子の絆できつねの勝ち

大阪生まれの作者は 新人賞受賞者

なかなか 迫力のある 絵で   時代劇の殿様が登場
年に一度の 人形作りの名人のコンテスト

こん助の人形は 笛を吹くと 踊り出します
鼓にされた こん助のお父さんを 助けにきたのです

鬼面法師は なんと狸が 化けていたのですね

狸ときつねの化かし合いの お話が ドラマチックでおもしろい
劇を見ているような・・・・・

こん助は 鬼面法師のねぐらに忍び込み 美女に化けて 狸をだまして 鼓のお父さんを 元通りにしました  ヤッター!

親子の絆の美しさの ドラマでした! 

狸は なんとまあ 太鼓になり 祭りだいこに・・・・
殿様たちもみんな  踊れやさわげの にぎやかさ  
めでたし めでたし 

関西弁の 時代劇をお楽しみあれ 

 
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


藤川 智子さんのその他の作品

昭和のお店屋さん / 江戸のお店屋さん その参 / 江戸のお店屋さん その弐 / 江戸のお店屋さん / あした7つになれますように / ぼんぼらみん



こんにちは!世界の児童文学&絵本

あっぱれ!コン助

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.08

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット