もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ほねほねザウルス11
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ほねほねザウルス11

作・絵: ぐるーぷ・アンモナイツ
原案・監修: カバヤ食品株式会社
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥980 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ほねほねザウルス11」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年12月30日
ISBN: 9784265820412

小学校低学年 〜 小学校中学年向け
A5判 21.7×15.6/96頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

はいった者は二度と外に出られないといわれるボコボコン・ホール。しかし、3人はある作戦を立てて、果敢にも探検を開始!無事に帰ってこられるのか!?

ベストレビュー

かっこいい敵は出なかったけど、楽しい!

このシリーズは毎回かっこいい敵が出てくるのがうちの子の気に入っているポイントの一つなのですが、今回はバシリスクのお父さんが敵というか、ちょっと戦うシーンのみでした。でも、泣き虫のバリリスクの子供に振り回されているベビーたちが面白いって言っていました。オチは、このバシリスクの子供が実は女の子で、トップスの事が好きになっていました。そのシーンではうちの子も顔を赤くして見ていました。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

ぐるーぷ・アンモナイツさんのその他の作品

ほねほねザウルス(14) 大けっせん!ガルーダ対ヒドラ 前編 / ほねほねザウルス12 / ほねほねザウルス10 / ほねほねザウルス9 / ほねほねザウルス8 / ほねほねザウルス(既7)

カバヤ食品株式会社さんのその他の作品

ほねほねザウルス13 ティラノ・ベビーとミラクルツリー / ほねほねザウルス7 / ほねほねザウルス6 / ほねほねザウルス5 / ほねほねザウルス4 / ほねほねザウルス3



子どもも大人も読み聞かせで大爆笑!

ほねほねザウルス11

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット