もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
1ねんに365のたんじょう日プレゼントをもらったベンジャミンのおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

1ねんに365のたんじょう日プレゼントをもらったベンジャミンのおはなし

  • 絵本
作・絵: バレット夫妻
訳: 松岡 享子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年
ISBN: 9784033270708

5・6歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

誕生日のプレゼントをもらったベンジャミンはうれしくってたまりません。そこで、毎日プレゼントをもらえる名案を考えました?。

ベストレビュー

徹底ぶりがすごい

松岡享子さんの名前で検索していたら出てきた本です。

でも、近くの図書館にはなかったので相互貸借で借りていただきました。

ベンジャミンが九歳ということで息子と年齢も近く親近感がわいたようです。

タイトルからして、毎日プレゼントをもらい続けたのかと思ったのですが、そこはちょっと違っていました。

もらったプレゼントや自分のものを包み直してプレゼントをしてもらった気持ちを味わうという発想もさることながらそれを毎日やってあきないところ、冷蔵庫のような大きなものまで包んでしまうところなど、所々でクスクスしてしまいました。

特に冷蔵庫を見た息子は、「下にも紙があるんだから持ちあげたんだよね」とベンジャミンの力持ちぶりに驚いている様子でした。

とことんやるという点では「おさらをあらわなかったおじさん」を連想しました。

徹底ぶりがすごいですし、日常の中に楽しみを見つけるセンスがいいなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松岡 享子さんのその他の作品

おぼえること(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ3) / 選ぶこと(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ2) / グリムのむかしばなし2 / お話とは(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ 1) / グリムのむかしばなし 1 / りこうな子ども アジアの昔話



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

1ねんに365のたんじょう日プレゼントをもらったベンジャミンのおはなし

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット