話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

西遊記 (二)

西遊記 (二)

作: 唐 亜明
絵: 于 大武
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,200

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年03月
ISBN: 9784033035208

出版社のおすすめ年齢:低学年〜

出版社からの紹介

中国を代表する絵本作家が精魂をこめて取り組んだ「西遊記」絵本の決定版。物語の中で最も有名な金角銀角との闘いを描く第二巻。

ベストレビュー

面白さギッシリ

『西遊記(一)』を子ども達が熱心に聞いたので、続きを借りてきました。
すると、久しぶりに長男までが、「読んで、読んで」のリクエスト。
大喜びで、子ども達と4人で輪になって読みました。
この第二巻は、金角、銀角の話です。
我が家の子どもたちは、ドラえもんの西遊記モチーフの映画のビデオをよく見ていたので、金角、銀角の登場には、「待ってましたっ!」という感じでした。
ひょうたんをめぐっての、孫悟空と銀角との駆け引きも面白く、呼ばれて返事をするところなど、固唾を呑んで見守りました。
絵もとてもきれいなので、ぐいぐい引き込まれてしまいます。
内容はかなり端折ってありますので、『西遊記』をきちんと読んだお父さん、お母さんはちょっと物足りなく感じるかもしれません。
でも、面白さは少しも損なわれていませんので、『西遊記』に初めて触れるお子さんには、今後の『西遊記』入門としても、十分お薦めです。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

836円
2,200円
2,200円
968円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

660円
46,200円
440円
275円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

西遊記 (二)

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら