クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
あの日とおなじ空
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あの日とおなじ空

  • 児童書
作: 安田 夏菜
絵: 藤本 四郎
出版社: 文研出版

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あの日とおなじ空」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年05月30日
ISBN: 9784580822238

出版社からの紹介

ひさしぶりに会った沖縄のひいばあちゃんは、顔をくしゃくしゃにして笑って、ダイキをむかえてくれました。でも、ダイキに戦争のことを聞かれた日、その笑顔は急に消えてしまったのです。戦争のころ、ひいばあちゃんに、なにが起きたのでしょうか。その答えを教えてくれたのは、声の出ないキジムナーでした…。小学中級から。

ベストレビュー

引き算から足し算へ

小学校中級くらいから、沖縄戦を学ぶストーリーになっています。
夏休み、小3のダイキは小6の兄ナオキと二人で、
沖縄のひいばあちゃんのところへやってきたのです。
沖縄独特の家々や食べ物などワクワクすることばかり。
そんな中マジムン(魔物)のキジムナーの存在を知るダイキ。
そのことをひいばあちゃんと話していて、ひいばあちゃんの戦争体験を知るのです。
核心のところで口をつぐんでしまったひいばあちゃんでしたが、
ダイキはその後、そのキジムナーに出会い、ひいばあちゃんの記憶に触れるのですね。
キジムナーは子どもの姿をしているマジムン。
ひいばあちゃんの記憶は、ちょうど、ダイキの年代の頃の体験。
読者の小学生が自分の事として感じられるストーリーです。
中でも、ダイキがその場面にタイムスリップして、マブイ(魂)を落っことして、
非人道的な心理に落ち込んでしまう場面は、圧巻でした。
そう、平和教育を受けた私たちですら、
あっけなくマブイを落っことして非人道的行いに向かってしまう危うさが伝わってきます。
馴染みのある「引き算」「足し算」という言葉が、ある意味を持って語られています。
この真意をしっかり受け止めたいですね。
一昨年、小5向けブックトークが「沖縄」というオファーで、
特に戦争関連の選書にずいぶん苦労しました。
それだけに、創作とはいえ、資料を丁寧に構成したこの作品は、
子どもたちが沖縄戦を身近に考えるきっかけになってくれると思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子20歳、男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安田 夏菜さんのその他の作品

レイさんといた夏 / ケロニャンヌ

藤本 四郎さんのその他の作品

紙芝居 ぼくはきゅうじょ犬! / サーカスさっちゃん / とかげさんちのおひっこし / 紙芝居 あとかくしの雪 / しあわせなろば / ぼくらのあか山



双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

あの日とおなじ空

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット