おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
特急キト号
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

特急キト号

作・絵: ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳: ふしみみさを
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「特急キト号」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年05月
ISBN: 9784569685892

みどころ

 「マドレーヌ」シリーズのベーメルマンスにこんな可愛い男の子と汽車の絵本があったんです!
舞台は赤道直下の国、エクアドル。高くそびえるアンデス山脈のふもとを走るのが小さな赤い機関車「キト号」。
そしてその列車に強く憧れる小さな男の子の名前は「ペドロ」。ペドロは毎朝庭から汽車が通り過ぎるのを眺めるのです。しゃべれる言葉はただひとつ「ダダダダ!」
ある朝、お姉さんのカルメラにおぶられて駅に着いたペドロ。そして、カルメラがオレンジを売っている間になんとひとりで汽車に乗ってしまうのです!
「ダダダダ」しかしゃべらない、大きなぼうしとあかいポンチョ姿の小さな赤ちゃんが大冒険に出発してしまいます・・・。
 このお話は訳者のふしみさんの素敵な後がきの通り、ベーメルマンスがエクアドルの旅行をして、キト号に乗り、現地の人なつっこく親切な人々に会い、エクアドルが大好きになりこのかわいらしい絵本をつくったそうです。アンデスの空気がたっぷり感じられるおおらかで魅力的な絵本になりました。1938年につくられたお話です。
 とにかくマドレーヌに負けず劣らずキュートな姿のペドロ。小さな子供が好奇心たっぷりでびっくりさせられるのは万国共通、アンデスのふもとを走り抜ける汽車「キト号」の姿に男の子は大喜びするだろうし、土色の力強い絵が異国情緒たっぷり。おすすめポイントたっぷりの一冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

昔の物語。子どもたちも汗を流しながらせっせとトウモロコシ畑で働いていました。ところがふとしたきっかけで列車に乗ったことから……。

ベストレビュー

この本欲しいなぁ

マドレーヌシリーズの作者ということで興味を持ちました。単色でシンプルに描かれているのですが、躍動感があって、情景が浮かんでくるようです。
エクアドルにあるアンデス山脈、そこに広がるジャングル。そこを機関車キト号が走っています。
いつもトウモロコシの番をしている小さな男の子ペドロは、お姉さんが目を離した隙にキト号に乗ってしまい、そのまま旅をすることに。
ペドロは自分の名前も言えないくらいちいさいのに、知らない人ばかりの車内で、泣きもせずに長旅できるしっかり者。頼もしいです。
そしてお世話する車掌さんがまた、やさしくて素敵。車掌さんとペドロのお別れのシーンは格別です。
今は絵本ナビショップでも他の本屋さんでも手に入らないよう。今は図書館で読むしかないのだけれど、この絵本欲しいです。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルドウィッヒ・ベーメルマンスさんのその他の作品

きかんしゃキト号 / バティストさんとハンガーブルグ=ハンガーブルグ伯爵のおはなし / ゴールデン・バスケット ホテル / ベーメルマンス マドレーヌの作者の絵と生涯 / よくぞごぶじで / マリーナ

ふしみ みさをさんのその他の作品

こねこのプーフー (5) はがぬけたよ! / いいにおいのおならをうるおとこ / こねこのプーフー (4) たからさがし / まめまめくん / こねこのプーフー (3) ことりつかいになる / たんじょうびは かそうパーティー!



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

特急キト号

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット