貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
なかよしぞうさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なかよしぞうさん

作: 亀井一成
絵: たかはし きよし
出版社: ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,146 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「なかよしぞうさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1990年
ISBN: 9784564006333

<<絶版>>

ベストレビュー

益々ゾウさんが好きになりました。

 亀井一成さんの絵本は、実際のお話なので感動もひとしおです。シリーズ中3冊目になります。何冊か出ているので他の巻も読みたいです。
 2頭のゾウ「たろう」と「すわこ」のお話です。かぼちゃは足でつぶして食べるんだ〜、竹箒も食べちゃうの!雨が大好きなんだ!と娘と一緒に「へ〜、そうなんだ」と連発してました。
 たろうが堀に落ちた場面では、「たろう大丈夫かな」と娘はそれは心配してました。私も「ゾウでも堀に落ちるのね!」とビックリです。飼育係さん達のお陰で元気になり、娘と一緒に安心しました♪
 最後のページには実際の写真が載っていて、図鑑になっています。これもまた「へ〜、そうなんだ」と知らないことが記載されて面白いです。
(よっよさん 30代・ママ 女の子3歳)

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

亀井一成さんのその他の作品

うみをわたったキリン / チンパンジーのチェリー / つよいぞかばのふとし

たかはし きよしさんのその他の作品

わたし、くわがた / ちいさないきもの むし / うごく はう、のぼる、ゆれる くずの おはなし / ぼく、あぶらぜみ / ファーブル昆虫記 もんしろちょう / ファーブル昆虫記 こおろぎ



『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

なかよしぞうさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット