ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
はだしになっちゃえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はだしになっちゃえ

  • 絵本
文: 小長谷 清実
絵: サイトウ マサミツ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年06月05日
ISBN: 9784834080902

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
21X23cm/24cm

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「はだしに なっちゃえ」
そう言って、背景には砂の上にはだしで立っている子どもの足。
もう、表紙をひと目見ただけで、真夏の海を思い出しワクワクします。

そうです、子どもたちは裸足になっちゃえばいいのです!
水着を着込んで、浮き輪は肩にかけ、ビーチサンダルをはいて、
思いっきり駆けていく先に待っているのは…広い海!
波しぶきが見えるところまで来たら、ビーチサンダルは「えいっ」。
脱ぎすてたら、ここから裸足で走ります。
「あっちっち」「あっちっちい」
海の水を含んだ砂までくれば、ひんやり。
あ、大きな波がきたーー!
波と一緒にひいていく砂がずずうー。なんだかくすぐったい。

期待どおり、この絵本には、言葉の響きと躍動感あふれる絵によって、海水浴の楽しさがたっくさん詰まっています。そして、なにより嬉しいのは、足の裏で直接かんじたあの感覚、砂や水、貝殻を踏んだ時などの感触がよみがえってくること。子どもの頃に感じたあの新鮮な驚きは、今になったって忘れることはありません。

だからね。
子どもたちは、どんどん裸足になっちゃえばいいのです。
海に行けない年は、この絵本で。
今年の夏も楽しんでくださいね!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

はだしになっちゃえ

出版社からの紹介

サンダルをぬいではだしになったら、熱く焼けた砂浜があっちっち! 波打ち際へいくと、砂がひんやりきもちいい。さあ、はだしになって、いろいろな感覚を楽しもう。 

ベストレビュー

はだし大好き

海ではだしになって遊ぶこどもの様が描かれています。
元気だなーと感じました。
こどもってはだし大好きですよね(海だとまあはだしになって当然なのでしょうが)。
砂浜をはだしで走るのは気持ちいいものです。
うちのこどもたちは夏はもちろん冬でもどこでもはだしになってしまってちょっと困るときが…。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小長谷 清実さんのその他の作品

あらら ありゃりゃ / はだしに なっちゃえ / こんにちは わたし / びっくりぎょうてん / ひとつひまわり / ポッペンポッペン

サイトウ マサミツさんのその他の作品

きのうの少年



読みながらしりとり遊びができる“おいしいことば遊び”絵本

はだしになっちゃえ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット