十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
いのちのいろえんぴつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いのちのいろえんぴつ

  • 絵本
作: こやま峰子
絵: マイケル・グレイニエツ
詩: 豊島 加純
絵: 豊島 加純
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年03月
ISBN: 9784774606743

出版社からの紹介

生きているってこんなにも素敵なこと。
多くの人が感動した一冊。
10歳で脳腫瘍の発病。車いすで通った学校。
少女が綴った、いのちの詩と絵の記録。
少女の言葉はまっすぐで、生きる光を与えてくれます。

ベストレビュー

命のメッセージ

10歳の時に脳腫瘍が発病。
11歳で生涯を閉じるまでの豊島加純ちゃんの命のメッセージは、右手が使えないので一生懸命左手で書いた詩と先生からもらった12色の色鉛筆で描いた絵。
運命を予知していたかのように、一瞬一瞬を大切にして時刻までが記載されている。
今はもうない命のとてもまぶしい輝きだから、いいかげんな気持ちでは読めないと思いました。
絵本では、こやま峰子さんが文を書き、マイケル・グレイニエツさんが絵を描き、この絵本を成立させています。
その絵と文に色づけされた加純ちゃんの肉筆と絵。
主役は豊島加純ちゃん本人です。直筆は読者に感じ取って欲しいと思いました。
そして、絵本を読んだ自分達にもできることがあることを考えたいと思いました。
それは、今を大切にすること? 命を大切にすること? 悲しいと思う心を大切にすること? 人を愛すること? 
みんな、みんな集まって、いろんな色があつまってできるのが「いのちのいろえんぴつ」だから、加純ちゃんのためにできることを一緒に探しましょう。

天国にいる加純ちゃん、ありがとう。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

こやま峰子さんのその他の作品

いのりの石 / ありがとうのかぜ / たからものがいっぱい! / ねえ ママ / 10代をよりよく生きる読書案内 詩歌編 / 10代をよりよく生きる読書案内 海外編

マイケル・グレイニエツさんのその他の作品

こざる 10ぴき がんばる! / こねこ9ひきぐーぐーぐー / フィアボ / おとぞうさん / だれかさんの目 / だれかいるの?



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

いのちのいろえんぴつ

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット