サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
つぶむこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

つぶむこ

作: 小林 輝子
絵: 飯野 和好
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「つぶむこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年06月

5・6才から
こどものとも 2006年6月号

出版社からの紹介

子どものいない夫婦が観音様に願掛けしてもらい受けたのは、小さな貝、つぶ。そのつぶが口をきくようになり、自分で嫁探しに向かいます。水の漏れる田を治したら、嫁をくれるという男に、つぶは懸命に田を治してみせますが、男は約束を守りません。ところが男の末娘の助けもあって、つぶは見事、その末娘を嫁にします。

ベストレビュー

たのしい

子どものいない夫婦の元に神様から授けられた「つぶ(たにし?貝?)」
自分でお嫁さん探しに出かけるけれど
あるところで「田んぼに空いた穴をふさいでくれたら娘を嫁にやる」と言われ ひたむきに頑張る「つぶ」
3人姉妹の上の二人は意地悪で一番下の娘が心やさしい・・・っていう設定は昔話の定番中の定番ですが
このお話もそれに倣います。
どうかすると悲惨な感じなんですが飯野さんのイラストと
楽しい方言に助けられていて あまり悲愴な感じがありません。
いきなりお話の入りが
「むかし むかし あったけずぉん」ですよ(笑)
語尾も「いたっけと」とか「おまいりしたっけと」とかなんだかカワイイ。石を「べーんがり」と投げたり。
なんだか言葉が面白くて飯野さんのイラストのユーモア感を引きたてています。どこの方言なんだろう?とても気に入りました。
(さえら♪さん 40代・ママ 女の子8歳)

出版社おすすめ


小林 輝子さんのその他の作品

かたゆき / そばがらじさまとまめじさま / あけび みつけた / やまやまのへっぴりじさま / にぎりめし ごろごろ

飯野 和好さんのその他の作品

ねぎぼうずのあさたろう その10 ゆきはこんこんわたりどり / 日小見不思議草紙 / おせんとおこま / ざしきわらしのおとちゃん / どろだんごと たごとのつきまつり / かめ



大人気「ひよよ」シリーズ、新刊発売記念!

つぶむこ

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.47

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット