となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
夢の庭づくり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

夢の庭づくり

作: さとうち藍
写真: 関戸 勇
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥667 +税

「夢の庭づくり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

小学校3年生から
たくさんのふしぎ 2006年6月号

出版社からの紹介

北海道北部の滝上町に「陽殖園」という庭がひっそりとあります。春から秋にかけて、約800種の花が咲くこの庭は、高橋武市さんという人が14歳のときから、たったひとりで、土地を均し、山を築き、池を掘り、一木一草にいたるまで手をかけて作りあげてきた「夢の庭」です。迷路のような道を巡りながら、この夢の庭を散策してみてください。

ベストレビュー

7.5ヘクタールの絵本

「たくさんのふしぎ」2006年6月号です。

自然は何も手を加えなくても、1日1日、季節ごとに素晴らしい絵巻物を見せてくれるので、人工的な植物園や庭に違和感を覚えることがあります。
しかし、
ここに紹介されている北海道滝上町にある陽殖園はどうでしょう。その生い立ちに圧倒されるばかりです。
この植物園を作っているのは高橋武市さんというたったひとりの男性です。家族の支えを得ながらも、14歳の時から50年間ずっとひとりで黙々と、この植物園を作り上げたのです。
14歳の時から50年間ずっとひとりで・・
今や7.5ヘクタールにまで広がった陽殖園は、高橋さんの手によって日々塗り広げられていく「絵本」のようです。
取材して文を書かれたさとうち藍さんは、「高橋さんは庭のデザインを誰に教わったわけでもなく、植物を長く見ていることで、植物の方からこうしたらどうかと教えてくれたのだ」と言います。
神様が高橋さんに筆を持たせているのだと思います。
この植物園を実際に見たい!と強く思いますが、もしそれがかなわなかったとしても、こんな人がいてこんな夢の庭があるということを知っただけでも、とても幸せな気持ちになれました。
(あさやんさん 40代・その他の方 )

出版社おすすめ


さとうち藍さんのその他の作品

ぼくのキャベツくん / じいちゃんの自然教室 / とうもろこし とうもろこし / あめだからあえる / 園芸図鑑 / 自然図鑑

関戸 勇さんのその他の作品

ひかりのてじな / つな引きのお祭り / ぐう ちょき ぱあでなにつくろう



しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

夢の庭づくり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット