もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
発達と障害を考える本(2) ふしぎだね!?アスペルガー症候群[高機能自閉症]のおともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

発達と障害を考える本(2) ふしぎだね!?アスペルガー症候群[高機能自閉症]のおともだち

作・絵: 内山登紀夫監修 / 安倍陽子編 / 諏訪利明編
出版社: ミネルヴァ書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年03月03日
ISBN: 9784623045532

AB・56ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

人と上手につきあえない、コミュニケーションがうまくとれない、想像力がとぼしい・こだわりがある……それがアスペルガー症候群[高機能自閉症]のつよしくん、えりかさん、あきらくんの特徴です。
この絵本は、「なるほど、おともだちのちょっとふしぎな行動には、こんな理由があるんだ。じゃあ、こうすればもっと楽しく過ごせるね!」……そんな気づきをもたらします。

学校やおうちでよく見られるケースをイラストでわかりやすく伝え、学校の授業や暮らしの中でできる工夫を具体的に紹介。子どもと大人がいっしょに考え学べる工夫がいっぱい!

■もくじ――
第1章 どうしよう!?こんなとき
つよしくんの場合――授業に集中できない
つよしくんの場合――思い通りにならないとパニック
えりかさんの場合――会話がかみ合わない
えりかさんの場合――グループ行動ができない
あきらくんの場合――100点でないと気がすまない
あきらくんの場合――ドッジボールができない
ふりかえってみよう

第2章 アスペルガー症候群って何?
○アスペルガー症候群は自閉症のひとつ
○自閉症の特徴は3歳くらいまでにあらわれる
○アスペルガー症候群の特徴
○手助けのポイント

保護者の方へ
参考資料など

ベストレビュー

困った子ではなく、困っている子

今や、ADHDやLD、アスペルガーを含む発達障害者は、17人に1人といわれています。
しばしば、「困った子」といわれてしまう彼ら。
けれど、彼らは、困った子、ではなく、「困っている子」なのです。

この本は、知的障害を伴わない自閉症、アスペルガーについて、書かれている本です。

授業中、いきなり教室を抜け出す子。誰もがわがままだとしかとらないでしょう。
けれど、彼(彼女)にとって、先生の立て板に水のごとく話す言葉は、「スワヒリ語」なみに理解不能の言語なのかもしれません。(スワヒリ語をよくご存知の方には申し訳ない表現です…すみません)
いつもと違う、課外授業についていけない。この子は、いつもと違う流れを、大変不安に思っているかもしれません。
けれど、そういう子供も、絵に描いて説明してやったり、やることの順序を前もって教えたり工夫してやれば、見事に才能を花開かせることができるのです。

アスペルガー当事者である、翻訳家のニキリンコさんと、作家の藤家寛子さんが共同でお書きになった本を、以前読んだことがあります。
これは、とても大変かもしれない、と私は感じました。
自閉症は、心の病ではなく、うまれつきの、脳の機能の障害なのですが、私たちが考えも及ばない苦労が、彼女たちにはあるのです。
誰が、普段私たちが普通に行っている体温調節が出来ない人間がいる、と考えるでしょうか。
誰が、嗅覚の敏感さゆえに、世の中は悪臭に満ちている、と感じる人がいると考えるでしょうか。
皮膚の感覚が過剰に敏感で、雨があたると、非常に痛い、と感じる人がいると、誰が思うでしょう?
「お客様の声をおきかせください」と書かれたホテルのメッセージを読んで、「意見や感想」と求められているのだな、ときづかず、「ワー!」と声をあげてしまう人がいると、あなたは考えられますか?
(自閉症者は100人いれば100通りなので、不具合は人によって違いますが)。
アスペルガーや自閉症の人は、そんな不具合を持ちながら、時にはわがまま、とののしられ、ときにはぐず、と非難されながらも、一生懸命生きているのです。

ニキさんは、電車が到着するので、三列に並んでお待ちください、というアナウンスがあった場合、
1人しかいないのに、三列になんて並べない、と非常に不安になるそうです。
(言葉をそのままとってしまう為。ハイパー律儀とニキさんはおっしゃっています)
藤家さんは、「お父さんがなくなったら、この置物を頂戴ね」と言ってしまったことがあるそうです。
それは悪意があったわけではなく、「もし死んだら」というたとえ話が、人を傷つけると思わずに言ってしまったのです。

私たちが、言葉も風習もよく分からない外国に来たら、誰でも不安に思うでしょう。
そんな時にガイドになってくれる人がいたら、どんなに助かるか。そう考えると分かりやすいかもしれません。
私たちは、困ったり、不安に思っているアスペルガーの方がいれば、
「1人の時は、三列に並ばなくてもいいのよ」
「人が死んだらっていう、たとえ話は人を傷つけるからやめようね」
とガイドしてあげることが出来ると思います。
彼らは、そうしてあげるだけで、ずいぶんと生きやすくなるでしょう。

自閉症は、とても複雑な障害(障碍)だそうですから、
私がこうして書いたことに、認識の間違いがあった場合は申し訳ありません。

この本はとても分かりやすい本だと思いました。学級に一冊あれば、誰でもガイドになれる、とてもよい本なのでは、と感じました。
(ルートビアさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

内山登紀夫監修 / 安倍陽子編 / 諏訪利明編さんのその他の作品

発達と障害を考える本(1) ふしぎだね!?自閉症のおともだち



風変りで美しい表現方法がたくさん!

発達と障害を考える本(2) ふしぎだね!?アスペルガー症候群[高機能自閉症]のおともだち

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット