あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
魔女のたまご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

魔女のたまご

  • 絵本
作: マデライン・エドモンドソン
絵: ケイ・コラオ
訳: 掛川 恭子
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年12月
ISBN: 9784251005014

対象: 6歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

孤独な意地っぱりの年老いた魔女と、魔女が育てたカッコーとのあいだにめばえた愛と友情を描く。たのしくしゃれた絵童話。

ベストレビュー

親子の情

魔女のアガサは意地悪で、人を怖がらせたりします。

ある日、自宅にかっこうの卵が置き去りにされています。鳥たちが、自分たちが育ててあげる、と言っているけど、意地をはって、自分も当然できる!と、あたため、とうとうヒナをかえします。

一生懸命、餌の虫を捕まえたり、魔法を教えたり、人を一緒におどかしたり。

親子そのものです。

でも、南に渡り鳥たちと一緒にいきたがるようになったマジョドリに、寂しくてがっかりします。

一度、フロリダにわたり、戻ってこないことになったマジョドリがやはり、会いたくて戻ってきます。

種が違っても、親子だなあとじんわりする本でした。とても好きな本です。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

掛川 恭子さんのその他の作品

岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (5) 愛ふたたび (下) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (4) 愛ふたたび (上) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (3) めぐりくる夏 / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (2) 雲のはて / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (1) 愛の旅だち / 灯台守のバーディ



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

魔女のたまご

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット