あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
魔女のたまご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

魔女のたまご

  • 絵本
作: マデライン・エドモンドソン
絵: ケイ・コラオ
訳: 掛川 恭子
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年12月
ISBN: 9784251005014

対象: 6歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

孤独な意地っぱりの年老いた魔女と、魔女が育てたカッコーとのあいだにめばえた愛と友情を描く。たのしくしゃれた絵童話。

ベストレビュー

親子の情

魔女のアガサは意地悪で、人を怖がらせたりします。

ある日、自宅にかっこうの卵が置き去りにされています。鳥たちが、自分たちが育ててあげる、と言っているけど、意地をはって、自分も当然できる!と、あたため、とうとうヒナをかえします。

一生懸命、餌の虫を捕まえたり、魔法を教えたり、人を一緒におどかしたり。

親子そのものです。

でも、南に渡り鳥たちと一緒にいきたがるようになったマジョドリに、寂しくてがっかりします。

一度、フロリダにわたり、戻ってこないことになったマジョドリがやはり、会いたくて戻ってきます。

種が違っても、親子だなあとじんわりする本でした。とても好きな本です。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

掛川 恭子さんのその他の作品

岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (5) 愛ふたたび (下) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (4) 愛ふたたび (上) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (3) めぐりくる夏 / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (2) 雲のはて / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (1) 愛の旅だち / 灯台守のバーディ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

魔女のたまご

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット