新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ヤコブと七人の悪党

ヤコブと七人の悪党

作: マドンナ
絵: ガナディ・スピリン
訳: 角田 光代
出版社: ホーム社

税込価格: ¥2,090

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「ヤコブと七人の悪党」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784834250992

ベストレビュー

可能性の素晴らしさ!

マドンナの絵本第3弾!
くつ屋のヤコブは息子の病を治すため、天使と話ができるという
老賢者を訪れる…。さて、ヤコブの息子の運命はどうなるのでしょう?

「奇跡を願うとき、わたしたちはまず、自分の悪いところを知る必要がある。」
と孫のパベルに語る老賢者。
“どんな人でも真剣に祈れば天国の門を開くことができる”という証しの物語。
善と悪、光と闇は、人間の心に常に存在する物だと思います。
しかし、それは背中合わせの存在で、
その事を見事に解き明かした奇跡の物語です。

 マドンナによる、子供たちのための、5冊のうちの3冊目の絵本。
この作品で全作読破しましたが、どれも物語の中に
素敵な教えをユーモアを交えて柔らかく織り込んだ作品ばかりで感動しました。
この作品も、角田光代さんの美しい日本語とガナディ・スピリンの
美しいイラストによる芸術性のある作品だと思います。
信じる・祈ることに虚しさを感じている大人たちそして、
これから大人になってゆく子ども達にぜひ読んで欲しい一冊です。
すべての人間にある、可能性を引き出してくれそうなお話しでした。
(かおりせんせいさん 30代・ママ 女の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マドンナさんのその他の作品

イングリッシュローズィズ 2 / オカネ・モッチャが見つけたしあわせ / アブディーの冒険物語 / ピーボディ先生のりんご / イングリッシュ ローズィズ

ガナディ・スピリンさんのその他の作品

リヤ王と白鳥になった子どもたち / ユニコーン伝説

角田 光代さんのその他の作品

太陽と毒ぐも / 物語の海を泳いで / ボクシング日和 / らしく生きよと猫は言う / なんでわざわざ中年体育 / 開高健のパリ


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 外国文学、その他 > ヤコブと七人の悪党

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ヤコブと七人の悪党

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット