1日10分でせかいちずをおぼえる絵本 1日10分でせかいちずをおぼえる絵本
作: あきやま かぜざぶろう  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ライオンはドイツ、獅子舞は中国、クジラはロシア…… 世界中の国々の場所と大きさが、かわいいイラストでたのしくおぼえられる絵本。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
にじをつくったのだあれ? リボンのしかけえほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にじをつくったのだあれ? リボンのしかけえほん

  • 絵本
作: ベティ・アン・シュワルツ
絵: ドナ・ターナー
文: 鈴木 ユリイカ
出版社: 世界文化社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年09月20日
ISBN: 9784418028030

29.6×22.5cm 14ページ

みどころ

「にじをつくったのだあれ?」うさぎさんの問いかけに答えて、ページを開く度にきれいな色のリボンが一本づつ現れます。そして最後には七色の虹に・・・という不思議なしかけ絵本。
見せれば驚きと感嘆の声が間違いなく聞けます。理屈なしに楽しめるこんな絵本もオススメ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

にじをつくったのだあれ? リボンのしかけえほん

にじをつくったのだあれ? リボンのしかけえほん

にじをつくったのだあれ? リボンのしかけえほん

にじをつくったのだあれ? リボンのしかけえほん

にじをつくったのだあれ? リボンのしかけえほん

にじをつくったのだあれ? リボンのしかけえほん

出版社からの紹介

絵本をめくるたびに、リボンの虹が1本ずつ生まれてくる感動的なしかけ絵本。「にじをつくったのはだあれ?」という質問に、7色のひとつひとつの色ごとに答えが語られます。7色の色のイメージが広がる楽しい絵本です。最後にポップアップの虹が絵本から立ち上がり、太陽の光を受け、豊かな水のある地球に生きるありがたさが感じらられるでしょう。絵本の読み聞かせの導入にぴったりです。

ベストレビュー

1歳

1歳の息子と読みました。にじの7つの色についてのお話です。あまりストーリーはないのですが、やはりこの本のポイントといったら「しかけ」だと思います。本の中にリボンが入っていて、ページをめくるたびに1色(1本)ずつ増えて行き、最後は7本のきれいな虹になります。新しい仕掛けですごく面白いなと思いました。
(ブックオンさん 30代・ママ 男の子1歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

ベティ・アン・シュワルツさんのその他の作品

1から10まで

鈴木 ユリイカさんのその他の作品

ふんわりくまちゃんの いろいろ できるかな? / リトルラビットのいろあそび / リトルラビットのかたちあそび



『はやくちことばで おでんもおんせん』イベントレポート

にじをつくったのだあれ? リボンのしかけえほん

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.16

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット