話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぼくが1ばんつよいんだぞ!

ぼくが1ばんつよいんだぞ!

作・絵: 伊東 美貴
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,282

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784591046180

出版社のおすすめ年齢:2・3・4歳〜

出版社からの紹介

「おい、ライオン。つよくなるにはどうしたらいい?」−−となりの女の子より強くなりたくて〈ぼく〉は修業の旅にでた

ベストレビュー

げんこつよこちょうのきまり?  ラストのチュッ!

ぼくが1ばんつよいんだぞ!
そんな男の子が げんこつよこちょうのきまりっていって小さい子をいじめていたんだけれど・・・・
となりに引っ越してきた女の子
パパはプロレスラーだって・・・・ 
女の子は みんなの人気者で楽しそうに遊んでいるんです
それを見てしょぼん・・・ぼく

そこで 、ぼくは決心した 「女の子より強くなること」そう思って旅に

森で出会ったライオンやワニたちに「強くなるにはどうしたらいいんだ?」

ここからがおもしろい  笑えるんです

ひょう  のやぎ おばけと 登場してくる動物たち 
ワクワクしながら楽しめるんです

でも・・・・

げんこつよこちょうへかえりたくなって・・・

動物たちはぼくに、王様になてくれと追っかけてくるにです  いやなんだけれども「いやだ」と言っても追っかけてくる展開が ドキドキしながら

その時助けてくれたのが なんと! となりに引っ越してきた女の子
ラストのチュッがいいな〜

一番つよがりのぼくですが・・・
おもしろいお話しに引き込まれました

伊東さんのお話も絵も 楽しかったです!
子どもに受けそうですよ
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

関連記事

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

ぼくが1ばんつよいんだぞ!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら