となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
岩波少年文庫 大力のワーニャ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 大力のワーニャ

  • 児童書
作: オトフリート・プロイスラー
訳: 大塚 勇三
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥720 +税

絵本ナビ在庫 残り7

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年06月17日
ISBN: 9784001142235

小学3・4年から
小B6判・並製・カバー・294頁

出版社からの紹介

三人兄弟の末っ子でなまけもののワーニャに与えられた試練とは,七年間もかまどの上で寝てくらすこと.ワーニャはたいへんな力を身につけ,とちゅうで人びとを苦しめる怪物や魔女とたたかいながら,白い山々のかなたの国にあるという,皇帝のかんむりを目指して旅をします.名手プロイスラーがロシアを舞台に描く,痛快冒険物語.

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


オトフリート・プロイスラーさんのその他の作品

かかしのトーマス / 魂をはこぶ船 / 大力ワーニャの冒険 / 小さいおばけ / 小さい水の精 / 真夜中の鐘がなるとき

大塚 勇三さんのその他の作品

グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい / ペーテルとぺトラ / 岩波少年文庫 やかまし村はいつもにぎやか / おおきなかぬー / 岩波少年文庫 やかまし村の子どもたち



入園入学シーズンには、『ともだち』をオススメしています。児童書のプロに聞く!

岩波少年文庫 大力のワーニャ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット