新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ライオンのラフカディオ

ライオンのラフカディオ

作・絵: シェル・シルヴァスタイン
訳: わじまさくら
出版社: 佑学社

税込価格: ¥1,320

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1987年
ISBN: 9784841603231

ベストレビュー

奥深い作者の意図。

ある日、シェルビーおじさんは、ライオンに会った。
そのライオンは、床屋をさがしていて…。
シェルビーおじさんの語るライオンのラフカディオのお話♪
シェルビーおじさんのお話を聞いている感じでお話は進んで参ります(o^_^o)

ぼくって誰?自分を見失ってしまった人、新しい出発を目指す人に。「ぼくを探しに」の著者が贈る、自分探しの旅のお話♪
文明と自然の間で引き裂かれた現代人の寓話として読む事が出来る作品です。
なかなか哲学的で、人間的なライオンのお話は、ありそうで無かったと感じました(o^_^o)
やはり、人間は人間らしく、動物は動物らしくが1番と思ってしまったのですが、それは単純な感想であり、シェル・シルヴァスタインさんの作品は、自分探しの旅的な内容が多く、時間が経つにつれて、奥深い作者さんの意図が解ってくるところが気に入っております(*^o^*)

(梨華さん 30代・その他の方 )

関連記事

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

ライオンのラフカディオ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら