新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
おとうさんをまって

おとうさんをまって

作: 片山 令子
絵: スズキ コージ
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥880

「おとうさんをまって」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2007年11月
ISBN: 9784834022988

出版社のおすすめ年齢:4歳〜
こどものとも 1991年12月号

この作品が含まれるテーマ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

お父さんは、遠くに行って、しばらく帰りません。お父さんの乗った汽車を見送ったぼくは、おもちゃ屋で偶然汽車のおもちゃを見つけました。お父さんの汽車と重ね合わせて、毎日おもちゃ屋に汽車を見にいくようになりました。時がたつにつれて、おもちゃの汽車の背景は次々と変わり、やがて雪景色に……。お父さんを待つ男の子の切ない気持を静かに描きます。

ベストレビュー

待ち続けて

遠くへ仕事に行ったお父さんの帰りを待ち続ける男の子。
おもちゃ屋のウィンドウの汽車を見に行くのが日課でした。

ウィンドウの飾りの変化が、時間の経過を表しています。
お父さんと同じように、子どもを残して仕事に来ている船乗りのおじさんとの出会いが、素敵だなと思いました。
愛犬のワンダの存在も大きいですね。

後半、一面雪の世界を、汽車が走り抜ける場面が圧巻です。
そして、とうとう、お父さんは帰ってきます。

最後の一文
「おとうさんの オーバーって いいな。とおくから かえってきたときは、きしゃの けむりの においがするんだよ。」
が、いいですね。

お父さんと一緒に帰っていく、男の子の幸せそうな後ろ姿に、にんまりしました。
お父さんのお土産は何だったのかな?
(その答えは、最後のページにあります。ふふ)

これまで読んだ、スズキコージさんの挿絵の絵本のイメージとは、まるで違いました。

読み終わって、心がほんわか温かくなりました。
また読んでみたいです。
(あまたろうさん 40代・ママ 女の子9歳、男の子9歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

935円
935円
924円
1,980円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
550円
1,980円
2,640円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

おとうさんをまって

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら