うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ディズニー名作童話館 白雪姫
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ディズニー名作童話館 白雪姫

  • 絵本
作: グリム
訳: 立原 えりか
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「ディズニー名作童話館 白雪姫」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「白雪姫」は、数あるグリム童話のなかでも、もっとも親しまれている物語です。白雪姫とよばれる美しい女の子が、継母のきさきにねたまれて、さまざまな難にあいながら、ついに幸福をつかむまでが、ドイツの森と城を舞台に展開します。この昔話を採集したのはグリム兄弟で、兄をヤコブ(1785〜1863年)、弟をウィルヘルム(1786〜1859年)といい、近代童話の母胎をつくった言語学者です。
ディズニーは1937年に最初のカラー長編アニメとして、スタジオの総力と4年の歳月をかけて製作し、世界の子どもたちから大歓迎された記念的な作品です。あざやかな色彩と場面展開、「鏡よ、鏡、だれが世界でいちばん美しい?」のくり返しなど、かぎりなく幼児の心をひきつける魅力にみちています。
文を書いたのは、「でかでか人とちびちび人」などの作品で知られる童話作家の立原えりかさんです。

ベストレビュー

まずはこの白雪姫から

一般的な白雪姫は5歳くらいからかと思いますが、これはディズニー版なので、3歳後半くらいから良いと思います。3歳前半の娘に読んでもちゃんと集中して聞いていました。

ディズニーは残酷な部分を子供向けにカットしているので、多少創作が入っていても最初に読むにはとてもいいと思います。古典的な童話のひとつなので、ぜひ成長したらもっと正確なものを読ませたいですが、、、。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

グリムさんのその他の作品

人くい鬼 / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき / しらゆきひめ / フィッシャーが描いたグリムの昔話 メルヘンビルダー

立原 えりかさんのその他の作品

はだかのおうさま / 10歳までに読みたい世界名作(17) 少女ポリアンナ / 10歳までに読みたい世界名作(3) オズのまほうつかい / 新装版 ばらいろのもり / こたえはひとつだけ / 新装版 しろいおくりもの



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

ディズニー名作童話館 白雪姫

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット