新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

きよぼう きょうは いいてんき

きよぼう きょうは いいてんき

作: 白石清春
絵: 西村 繁男
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥398

「きよぼう きょうは いいてんき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年06月

出版社のおすすめ年齢:4歳〜
こどものとも年中向き 2005年6月号

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

「今日は、いい天気だよ」と言って、手足の不自由な男の子きよぼうのお母さんが庭にござを敷いてくれました。好奇心の旺盛なきよぼうは、ござをうまく動かし庭を移動して、虫や花を観察したり、隣の子と遊んだりします。子どもらしい好奇心や喜びが、明るくほのぼのとした光や空気の中に描かれます。

ベストレビュー

障害を自然に受け止めて

我が家の娘は3歳で幼稚園に通ってます。彼女は今まで障害のある人たちをみたことがありませんでした。そういう私も今まで殆どお話したりしたこともないぐらい自然に障害の人を受け入れる環境にはありません。だから娘にはそういう人もいるんだよということを小さいころから知っているほうが受け入れやすいだろうと思ってこの本を読みました。この本では障害のある子そうでない子もごく自然に遊んでいてほほえましいですよ。娘の感想はこういう自分で思うように体を動かせない子どももいるんだということに驚いているようでした。
(マオルーンさん 30代・ママ 女の子3歳)

関連記事

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

きよぼう きょうは いいてんき

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら