キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
かぐやのかご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かぐやのかご

  • 児童書
作: 塩野 米松
絵: はまの ゆか
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜朝は8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 一章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年11月30日
ISBN: 9784333026807

小学校中学年から
A5判・22センチ×16センチ/96ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

大きな声で泣きながら学校から帰っていた清香に、竹の束を持ったおばあちゃんが話しかけてきました。
おばあちゃんは竹細工の名人でした。
魔法のような手さばきで、柔らかく形を変えられていく竹を見るうちに、清香の心は安らいでいきます。清香は学校であったことを語り出しました。
友だちの失敗を自分の身にかぶってあげたのです。
それを聞いたおばあちゃんは、「トガ負い比丘尼」の話を始めました。
繊細で優しい清香。おだやかだけれども芯の通ったおばあちゃん。世代も性質も違う2人に、竹細工のような温かくゆるぎない友情が生まれます。

<ここがポイント>
・異世代の友情を描きます
・美しい竹細工が登場します
・自己犠牲をする勇気が書かれています

<編集者コメント>
「聞き書き」の名手である、作家の塩野米松さん。この作品は、まさに塩野さんでなければ書けないという設定でした。

作品に登場するおばあちゃんは、竹細工職人です。篠竹は細く、ひと目ひと目、丁寧に力強く編んでいかなければなりません。どんなに手練の職人でも、作業の見通しがつくと、思わず安堵の溜息をつく。そんな繊細で根気のいる作業です。70年、不休で作業してきたというおばあちゃん。教室で、男の子たちの心ない言葉に傷ついた清香ですが、ふと、「このおばあちゃんなら大丈夫」と確信します。

清香の心が、だんだんとおばあちゃんへ寄り添っていく、その過程が、この作品の見どころです。
美しい竹細工などの挿し絵は、新鋭の画家・はまのゆかさんが担当しています。

かぐやのかご

ベストレビュー

おばあさんの存在がいい!

過去の夏の課題図書で、小学校中学年の子供達に勧められる本を探したくて、読んでみました。

最初は本に対してイマイチなイメージを持っていたのですが、数ページ我慢して読んでみたところ、おばあちゃんが登場してきたあたりから、どんどん面白くなってきました。

おならなんて、本に出てこなさそうな話題なのですが、あえて取り上げているところ、おばあちゃんの話がとても素敵なところ、読んでとても癒されました。

あまり見かけないタイプの本だと思いました。

課題図書でなくなった今、積極的にこの本を手に取る子たちは少ないと思いますが、ブックトークなどですすめたら、読んでくれそうな気がします。

読者は主人公と自分を重ねて読むと思うので、きっと勇気づけられると思います。
(MAYUCLUBさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


塩野 米松さんのその他の作品

1000000ぼんのブナの木 / なつのいけ / なつペンギン / ダヤンのカントリーダイアリー / ゆかいなスプーンおばさん / がんばるスプーンおばさん

はまの ゆかさんのその他の作品

つきみだんご / ママが10にん!? / へたなんよ / やだやだパパやだ! / 小学校の生活 / ココアラ



とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする…?!

かぐやのかご

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット