おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?
【予約受付中!】あのロビットの兄弟型サラウンド収納『ピコ』が新登場です!
きみは知らないほうがいい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きみは知らないほうがいい

  • 児童書
作: 岩瀬 成子
絵: 長谷川 集平
出版社: 文研出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年10月30日
ISBN: 9784580822320

小学校高学年向け
A5判/184ページ

内容紹介

米利は、あまり話したことのないクラスメイトの昼間くんとバスでいっしょになる。どこへ行くのか聞いてみると、「きみは知らないほうがいい」という。気になった米利があとをつけると…。

ベストレビュー

学校という場所

大人が書いているからかもしれないけれど、小学校6年生というとしっかりした自分の意識を持っているのだと思います。
学校という空間に集められた子どもたちは、ストレートにものを考え、感じ、人間関係に悩み、自分を守ろうとしています。
痛々しいほどのストレスに負けまいと喘ぐ、二人の主人公の心の接し方を意味深く感じました。
誰が悪いわけでもない空間で、悪が生まれていくこと、それをどうして乗り越えていくのか、考えるところ大です。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岩瀬 成子さんのその他の作品

マルの背中 / あまからすっぱい物語 2 おとなの味 / ぼくが弟にしたこと / 100万分の1回のねこ / ともだちって だれのこと? / くもり ときどき 晴レル

長谷川 集平さんのその他の作品

夏のおわり / むねがちくちく / 天使がいっぱい / あなに / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(13) 古田足日子どもの本 / はなす 五感のえほん3



『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』中根克明さんインタビュー

きみは知らないほうがいい

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット