新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

シナモンと南の島のこどもたち

シナモンと南の島のこどもたち

作: 関 千里
絵: マルク・ブタヴァン
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784097277323

出版社からの紹介

シナモンと子どもたちの心温まる本です!
ある南の島に、親のいない子どもたちが暮らす「みんなの家」があります。ここにいる子どもたちのために、シナモンは雪をふらせたり、いろいろなことをして子どもたちを喜ばせようと努力しますが…。

ベストレビュー

サンタへお願い

シナモンロールが好きな子供へのクリスマスプレゼントです。
この時期にぴったりの絵本でした。

南の島に住む親のない子供たちのところに行ったシナモン。
子供たちはサンタへのプレゼントをお願いしてくるのを待つのですが
起きてプレゼントを見届けたのはシナモンだけ。
さあ、どんなプレゼントだったかは読んでみてくださいね。

とても優しい人たちが住む島には
素敵なクリスマスが訪れるのだな〜と思いました。

シナモンが次にどんなところへ旅に行くのか気になります。
(リーパンダさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


関 千里さんのその他の作品

シナモンとまいごのこいぬ

マルク・ブタヴァンさんのその他の作品

ポルカとオルタンスのだいぼうけん / りすのエドモン / いちにちで いいから / ム−クせかいをひとまわり / カバくんのおしり


絵本ナビホーム > 一般 > 絵本 > 絵画・彫刻 > シナモンと南の島のこどもたち

『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

シナモンと南の島のこどもたち

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット