サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 へようこそ♪
くじらをたすけたピーター
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くじらをたすけたピーター

  • 絵本
作: C.ラッシュ
絵: M.ヘダーウィック
訳: さとり まりこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「くじらをたすけたピーター」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

北の海辺に住んでいるピーターは、ある朝、かもめの鳴き声で目をさまします。大きなクジラが浜に打ちあげられて、困っているんですって!!

ベストレビュー

カモメに教えられたね ピーター

くじら しろながすくじらの 平均寿命は 80−110年とありました。(調べたら、他のくじらは 40−50年だそうです)

この絵本のくじらはなんと 2000年まえの ローマの軍隊のことも知っていて 人間にねらわれていたとあります。

今、鯨の問題で オーストラリア人の人が日本人が鯨を捕りすぎると言っているニュース見ました。

この絵本は、1991年12月に初版とありますが、まだ絵本ナビの誰も感想書いてなかったので驚きました。

ピーターはカモメに起こされて くじらが大変だから 助けに行くのですが 一人の力ではどうすることもできないので船長のおじいさんを起こしてビーナスごうと カモメの知恵で 年とったくじら(ジョシュア)を海に帰してあげたのです

それにしても ピーターはパジャマもままでしたね

カモメが いろいろ おしゃべりしているのがおもしろくて、絵も人々の表情が良いですね。

作者は ビーナス・ピーターという映画の原作者だそうですが
私はその映画知りません もし機会があれば 映画見たいです!
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。



『いちまるとふしぎな手』 <br>八田香里さん&宮下知子さんインタビュー

くじらをたすけたピーター

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット