もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
妖怪一家九十九さん(4) 妖怪きょうだい学校へ行く
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

妖怪一家九十九さん(4) 妖怪きょうだい学校へ行く

  • 児童書

「妖怪一家 九十九さん」シリーズ

子どもレビュー募集中

作: 富安 陽子
絵: 山村 浩二
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年01月
ISBN: 9784652200872

A5変型/152ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


富安陽子さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

ある夜、アマノジャクのマアくんは、サトリのさっちゃんと一つ目小僧のハジメくんをさそって、隣町の廃校へ遊びに行くことにしました。ところがそこで次々不思議な出来事が。妖怪も驚く学校の七不思議とは?

ベストレビュー

夜の遠足

私の学校にも七不思議があります。保健室や体育館、トイレ、図工室。この部屋、1つ1つに七不思議があるので、他の部屋も合わせたら、十四不思議くらいになるかもしれません。だから、私の学校もきっと守り神がいると思います。私の学校にはたくさん七不思議があるので、もしかしたらマアくんのようなイタズラが大好きな神様かもしれないと思って、読んでいると、笑ってしまいました。夜の学校、行ってみたいけど、人間には不気味なので、いやです。妖怪には、なにげない強さと勇気があるのだと思いました。
(天使のケーキちゃんさん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

サラとピンキー パリへ行く / スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ / 天の川のラーメン屋 / シノダ!(10) 指きりは魔法のはじまり / もとこども / 日本全国不思議案内(2)菜の子ちゃんとカッパ石

山村 浩二さんのその他の作品

したじきくんとなかまたち / 日本の神話 古事記えほん (四) いなばの白うさぎ〜オオナムヂとヤガミヒメ〜 / ぼくのおばあちゃんはキックボクサー / みたい!しりたい!しらべたい!日本の学校の怪談絵図鑑(1) 教室でおこる怪談 / 妖怪用心 火の用心 九十九さんちのかぞえうた / 妖怪一家 九十九さん(5) 遊園地の妖怪一家



くまのパンやでパピプペポ♪おいしいパンをめぐって起こるお話

妖怪一家九十九さん(4) 妖怪きょうだい学校へ行く

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット