ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
マンゴーとバナナ まめじかカンチルのおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マンゴーとバナナ まめじかカンチルのおはなし

作: ネイサン・クマール・スコット
絵: T.バラジ
訳: なかがわ ちひろ
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

「マンゴーとバナナ まめじかカンチルのおはなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年04月
ISBN: 9784861930324

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

 まめじかのカンチルと、さるのモニュは大のなかよし。
そして食べるのが大好き。
ある日大好物の果物の木を植えました。
カンチルはマンゴーを、モニュはバナナを。
やっと大きな実ができたとき、カンチルは木にのぼれないことに気がつきました。
そこで思いついたことは―――。
インドネシアの楽しいお話が、
インドに古くから伝わる染色法で美しい布<更紗>に描かれました。
「いろんなことを想像しながら、インドとインドネシア、それぞれのなん百年もの歴史と、なん千キロの距離をこえてうまれた、美しい絵本をたのしんでください」(訳者あとがきより)

ベストレビュー

「カラムカリ」という技法で描かれた絵本

「アジア・アフリカの絵本シリーズ」というシリーズの1冊です。
インドネシアに伝わる民話の“豆じか・カンチル”のおはなしが、とっても素敵な本になっていました。
この作品はインドの画家T.バラジが、インドの伝統的な染色「カラムカリ」という技法で描かれています。
(何と、この染色技法には牛の糞が使われていました!)
絵本の最後のページにはこの技法で絵描く工程などが写真付きで説明してあって、おはなしの内容とは別に面白いです。

また、訳者の後書きのページには本物の『まめじか』の写真が載っていて、想像していた『まめじか』とは雰囲気が全く違うことに驚きました。
顔だけ見ると、鹿よりもねずみ系の動物に似ています。

口のうまい“カンチル”は今回も頭を使って、自分に有利に事を運びます。“カンチル”のおはなしはこんな展開ばかりですが、
ジャングルで生きていくには、こういう知恵が必要不可欠なのかもしれませんね。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なかがわ ちひろさんのその他の作品

きょうりゅうたちのいただきます / にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たち / ぶきみなよるのけものたち / ソーニャのめんどり / きょうりゅう きょうりゅう ミニブック(ボードブック) / ことりのおそうしき



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

マンゴーとバナナ まめじかカンチルのおはなし

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット