しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
鳥よめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

鳥よめ

  • 絵本
作: あまん きみこ
絵: 山内 ふじ江
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年12月
ISBN: 9784591141885

小学校中学年以上向き
226×223mm/32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

時はいくさの時代。若者はみな兵隊になる時代のお話です。
子どもの時のけがが原因で徴兵されずに、人里はなれた岬でたった一人で灯台を守っている若者、周平さん。仕事を終えたある日の明け方、周平さんのもとに、白い着物を着た黒髪の若いむすめがたずねてきます。むすめは、以前周平さんに助けられた鳥だといい、恩返しにやってきたのでした。楽しそうによく笑うむすめにつられて笑うことが増えた周平さんは、生まれてはじめて胸がほかほかあたたまるしあわせを知ります。
むすめにおよめさんになってもらいたいと伝える周平さんに、むすめは、人間の姿にしてもらった時に海の神に申し渡された二つのおきてがあることを明かします。そのおきてを守っていく決意をして夫婦となった二人でしたが、しあわせは長くは続かず…。

次第に忍び寄る戦争の暗い影。その緊迫した状況下で、互いを守ろうとした周平さんとむすめの身に起こった出来事とは…。

作者は、数多くのファンタジー作品を描く一方で、『ちいちゃんのかげおくり』や『おはじきの木』など作品を通して戦争の悲惨さを描き続けているあまんきみこさん。読み終えた後に自然に平和を願わずにはいられなくなるような胸を打つ物語は、深く心に残り続けます。
『鳥よめ』は30年以上前に実際に灯台で仕事をしていた海上保安員の方に取材され、長い時間をかけて物語として熟成されたのだそう。その物語に山内ふじ江さんが、しなやかで美しい鳥よめの姿と幻想的で色彩豊かな風景を描かれ、悲しくも美しい世界が創り出されました。

2015年は、戦後70年となる節目の年。この節目の年に多くの人に届けたいという思いで世に送り出された、平和への祈りがたっぷりこめられた愛の物語。子どもから大人までこれから長く読み継がれていく1冊となることでしょう。
物語を通して、戦争が引き起こす深い悲しみの感情がわきあがり、平和の尊さを強く実感せずにはいられません。

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

灯台を一人で守る若者、周平さんのもとに、ある日、一人の若い娘がやってきました。娘は周平さんに命を助けられた鳥で、周平さんにお礼を言うために海の神さまに姿を変えてもらったのでした。二人はやがて仲のいい夫婦になり、幸せに暮らし始めますが、戦争の影がしのびより……。あまんきみこが平和への深い祈りをこめて描く、美しく悲しい愛の物語。     

【著者コメント】
この国の灯台のあかりがすべて消えたのは、私が子どもの頃――いくさの時代でした。さらに空襲にそなえて、灯台のかたちがわかりにくいように、色がぬられたり木々でおおわれたりしたのです。小さな灯台であかりを一人で守っていた若者のもとにやってきた鳥よめ。いくさがはげしくなって、二人のしあわせは長く続きません。二人の悲しみの深さについて思いをめぐらせてもらえれば……と、心から願っています。  あまんきみこ

ベストレビュー

兵隊になるということ

美しい表紙が印象的ですが
戦争のお話に分類されると思います。

若者(男性)は、徴兵検査を受けて、みな兵隊になり、戦争に行く時代に
子供の頃のけがが原因で足が不自由になり、兵隊になれなかった若者が主人公です。
「兵隊になれなかった」ということが、世間への負い目となり
苦労が多い灯台守の仕事を選ぶことになったといういきさつが
とても時代を映していると思いました。
そんな灯台守のところに、助けたかもめが、女人になってお嫁に来ます。
かもめの嫁は、
一日に一回かもめの姿になり、翼を広げて空を飛ばなければ死んでしまうという身の上で、
なおかつ、その姿を見てしまうと、視線が刃になり
かもめを傷つけてしまうということ。

戦争が迫る中、灯台にも兵隊がつめるようになり
なかなかかもめに戻れなくなった嫁・・。
そして、なんとかかもめに戻る時間を作る灯台守に
「鳥を飛ばして、敵に連絡している」というスパイ容疑までかけられてしまいます。

もう・・・灯台守夫婦に感情移入してしまって
兵隊に腹が立ってしかたない展開でしたが
翻って、そんな時代だったのだ・・とも感じました。
物悲しい結末は
何気ない日常さえも奪われる戦争に対しての、静かな抗議のようにも思いました。



(やこちんさん 40代・ママ 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 地震がおきたら
    地震がおきたら
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    地震がおきたらどうするの? 消防士さんは助けてくれるの? 家族で読んでほしい一冊。

あまん きみこさんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ちいさなこだまぼっこ / はなまつりにいきたい / きつねみちは、天のみち / おつきみ / とらねことらたとなつのうみ

山内 ふじ江さんのその他の作品

答えは子どもの中、お母さんの中に / こひつじまある / ねてるの だあれ / クリスマスのちいさなおくりもの / それはもりのこもりうた / たそかれ 不知の物語



『はみがきれっしゃ』『パジャマでぽん!』くぼまちこさんインタビュー

鳥よめ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット