もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【フェア開催中!】みんなおめでとう!入園、入学、進級の季節がやってきました♪
あずきがゆ ばあさんとトラ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あずきがゆ ばあさんとトラ

  • 絵本
作: チョ・ホサン
絵: ユン・ミスク
訳: おおたけ きよみ
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あずきがゆ ばあさんとトラ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年11月
ISBN: 9784901006934

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

むかし、ある山里におばあさんが、小豆を育てながら暮らしていました。ある日、おばあさんが畑で働いているとトラが、おばあさんを食べようとしました。おばあさんは、このあずきが実のって、小豆粥を一杯食べるまで待っておくれとお願いをします。秋になり、おばあさんが小豆粥をお鍋いっぱいに作って泣いていると、たまごがコロコロ、スッポンノソノソ、うんちがベチャベチャ、色々なものがやってきて……。韓国の昔話がユーモラスな絵で楽しめます。

ベストレビュー

「一杯」のお礼。

しばらく読んで、「あ!さるかにがっせんに似てる!」と思いました。

あずきがゆを食べた後、おばあさんを食べると言うトラに対し、
一杯のあずきがゆのお礼に、おばあさんを助けようとする物たち。

たまご、スッポン、うんち、きり、石臼、むしろ、しょいこといった
韓国の田舎では身近にある物たちが、次から次へと登場します。

昔話独特の繰り返しの中に、次は何があらわれるのだろう・・・という
ワクワク感があり、日本ではちょっと馴染みがないだけに、
とてもドキドキしますね。面白いと思いました。
特に、「うんち」が出てきたときには驚きでしたけど。

美味しいあずき粥を一杯づつわけてもらって、
みんなで力を合わせて、トラをやっつけるくだりは、
とても爽快でした。

絵は、とても個性的で、画面構成も独特。
躍動感があって、おはなしとマッチしています。

小さいお子さんでも、園児さんでも、楽しんで聞いてくれると思います。
(多夢さん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ピクニック
    ピクニック
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    こぶたちゃんしかけえほんシリーズ最新刊!今度のしかけはいったい?!

ユン・ミスクさんのその他の作品

ふしぎなしろねずみ / おかあさんのおっぱい

おおたけ きよみさんのその他の作品

とうきび / ハンヒの市場めぐり / とんぼ / 日・中・韓平和絵本 非武装地帯に春がくると / 景福宮 朝鮮王朝の王宮 / 韓国のお正月



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

あずきがゆ ばあさんとトラ

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット