新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
くらやみのくにからきたサプサリ

くらやみのくにからきたサプサリ

  • 絵本
作・絵: チョン・スンガク
訳: おおたけ きよみ
出版社: アートン

税込価格: ¥1,650

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年06月
ISBN: 9784901006743

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

火のいぬのずごさ!

サプサリとは韓国固有の「貴紳みつける狗」のことだと知りました。
くらやみのくにの王は 「だれか 火を もってきてくれさいすれば・・・・」

その時、火のいぬが なのりでて北へと
なんと 太陽にとびかかっていったのです!  
この 迫力のすごさに驚きます!
絵もすばらしい! 絵巻物を見ているようです 狗の迫力は マネのできないもののように思えます

このお話の サプサリは 闘うときには決して逃がさない勇敢さを持っていると言われています

また どんな環境にもよく耐え抜く忍耐力や いちど情けをかけてくれた主人のためには命も惜しまない忠実さを持っていると言われ 人々に愛される狗になったと言われています。(すごいな〜)

玄武・朱雀・青龍・白虎 四神が現れその迫力も見応えのあるのです(韓国の歴史も学ばないと分からないな〜と思いました)

狗は月にもかぶりつき凍り付くのですが、 不思議なひかりをはなつのです(この狗の顔がすごいのです)

王の元にたどり着くと狗のぶきみなひかりにおそれを抱きがけの下へ落とすのです(ああ〜 かわいそうに・・・・)

狗の忠信を信じてやればと思いました・・・(あとから火の狗よと叫ぶのですが・・・・あとのまつりです)

しかし とおく うみのうえに まぶしい 太陽がうかんでいたのです
「ああ、太陽だ。 あかるいくにだ!」
火の狗の目から なみだが ながれおちました  
狗は ひとびとに あいされるいぬ になったのです
こう結ばれていますが
なんとも言えない気持ちになりました・・・・

狗のすごさ 忠信さに 
なかなか難しいお話ですが すばらしい絵が 生き生きとしていて
すばらしい絵本でした!
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,815円
1,320円
2,860円
1,815円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
385円
3,300円
495円

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

くらやみのくにからきたサプサリ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら