大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ヘチとかいぶつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヘチとかいぶつ

  • 絵本
作: チョン・ハソプ
絵: ハン ビョンホ
訳: おおたけ きよみ
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

「ヘチとかいぶつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年05月
ISBN: 9784901006736

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

世界がうまれて間もない頃、天には<ヘチ>が、地の底には怪物4兄弟が住んでいました。
ヘチはこの世のすみずみに太陽の光が届くように照らします。そして誰かが悪いことをすると、飛んで行って、頭にある正義の角でつきあげるのです。怪物4兄弟は「ヘチさえいなければ、この世は俺たちのものなのに」と、いつもヘチをうとましく思っていました。
そしてある時、怪物4兄弟はヘチをこらしめるよい方法を思いつきました。太陽を盗むのです。ある晩、そっと地の底を抜け出して太陽のしまってある海の底へ向かうのですが……。
韓国に伝わる想像上の動物<ヘチ>をモチーフにしたお話です。

ベストレビュー

韓国でも正義は勝つ

私が絵を気にいってこの絵本を読みました。

ヘチの説明がお話の後に書かれていました。
ヘチは韓国の想像上の動物で
正しいことと誤ったことを分けると言われているそうです。

ヘチが正義の角で、いたずら好きの怪物たちをこらしめるお話です。
怪物がしたいたずらは太陽を盗んで4つに分けて・・・

絵本の中のヘチは日本の神社で見かける狛犬のような姿です。
怪物の姿はどこか憎めない雰囲気があります。

息子は”正義は勝つ”というようなお話が安心できるのか?
自分がいたずら者の怪物に共感できるのか?
このお話を気にいっています。
(さふぁいあ。さん 30代・ママ 女の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ハン ビョンホさんのその他の作品

あかちゃんが ぴたっ / パンチョギ / パパといっしょに / うしとトッケビ / トッケビのこんぼう

おおたけ きよみさんのその他の作品

とうきび / ハンヒの市場めぐり / とんぼ / 日・中・韓平和絵本 非武装地帯に春がくると / 景福宮 朝鮮王朝の王宮 / 韓国のお正月



ねえ、「コワイ」って、もってる?

ヘチとかいぶつ

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83




全ページためしよみ
年齢別絵本セット