おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
桂三枝の落語絵本シリーズ(5) ワニ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

桂三枝の落語絵本シリーズ(5) ワニ

  • 絵本
作: 桂三枝
絵: 黒田 征太郎
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「桂三枝の落語絵本シリーズ(5) ワニ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

動物園の動物たちが人気です。
昔から人気者ではありましたが、だいぶ変わってきたのはその“見せ方”。水族館のように工夫が凝らされ、見慣れたはずの動物たちから新しい魅力を引き出しているのが受けている様子。
もっとも、当の動物たちがどのように感じているのかはわかりませんが……。

さて、クロベエは体長4.1m、ナイルクロコダイルという世界一大きくなる種類のワニであります。
生まれてすぐに日本に連れて来られたときには、わずか30cmという大きさでありました。30年間、飼育係の松原さんが手塩にかけて育てた甲斐あって、すくすくと大きくなったのであります。
そのクロベエが、ある日、病気の松原さんに代わってエサをやろうとした飼育係に噛みついたからさあ大変!
園長は松原さんに、クロベエを“処分”するようにと申しつけます。
いや、実はカクカクシカジカ、それなりの理由がちゃんとあるのだと力説する松原さんでしたが、噛みついたという事実に変わりはない、「お客さんが不安がると困る」と園長は聞く耳を持ちません。
ガックリと肩を落とす松原さん。そこで一計を案じ、夜中にこっそりとクロベエを動物園から連れだして、故郷のナイル川へ帰るようにと淀川に放してやります。ところが、生まれてこの方、外の世界をまったく知らないクロベエでありますから、松原さんから離れようとしない。家に連れて帰るわけにもいかず、はてさて、すっかり困ってしまう松原さん。
ところがそこへ通りがかったオジサンが手を差し伸べた。これは助かったとクロベエを預ける松原さんでありました。
ところが、あとで知ってビックリ。そのオジサン、実はハンドバッグ会社の人で……あわわわ!

人と動物の友情・愛情、それは果たしてクロベエのピンチを救うのか?
というお話であります。

ベストレビュー

おかしくって、ちょっぴり泣ける?お話

桂三枝さんの落語絵本と書いてあったので、手に取りました。
自宅でこどもたちに読み聞かせたら、3人で大爆笑!飼育係の松原さんのすっとぼけたキャラに大うけでした。特に後半の、ワニのクロベエをなんとか助けたい一心であの手この手と画策し、とおりすがりのおばさんとトンチンカンなやりとりをするあたりが笑いの連続でした。
でも、松原さんの親心(ワニへの)にちょっとじ〜んとします。

最後のオチは「え〜!クロベエどうなっちゃうの?!」って感じなんですが、さらっとフォローされて最後はハッピーエンド(ブラックなオチで終わらない)というのも、子供たちは「ホッ」として読後感が良いようです。
(にふらーさん 40代・ママ 女の子11歳、女の子9歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


桂三枝さんのその他の作品

峠の狸レストラン / さよなら動物園 / 桂三枝の落語絵本シリーズ(6) カラス / 桂三枝の落語絵本シリーズ(4) 考える豚 / 桂三枝の落語絵本シリーズ(3) 悲しい犬やねん / 桂三枝の落語絵本シリーズ(2) 鯛

黒田 征太郎さんのその他の作品

拝啓 サクラさく / 岩になった鯨 / 水の話 / 火の話 / 昭和二十年八さいの日記 / 桂三枝の落語絵本シリーズ(1) 美しく青き道頓堀川



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

桂三枝の落語絵本シリーズ(5) ワニ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット