新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
桂三枝の落語絵本シリーズ(6) カラス

桂三枝の落語絵本シリーズ(6) カラス

  • 絵本
作: 桂三枝
絵: 黒田 征太郎
出版社: アートン

税込価格: ¥1,650

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784861930362

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

朝方の街で路上に置かれたゴミ袋をつつくカラス。
ガアガアと威嚇するかのように鳴き、ときには低空飛行で実際に人間を襲ったりもする。艶のある漆黒の羽、時々ピカッと反射して光る眼。その姿からは忌まわしい「死」をイメージさせる――そんなカラスなのですが、実際にはずいぶん違うようでして……

ベストレビュー

おちが なっとく なっとく

さすがに 落語家の三枝さんのはなしは、おもしろく、おちに納得しました。

わるさばかりして 村にいられなくなった吾一郎。お父さんの、吾助さんは、「バカな子ほどカワイイいうやないか」
心配しているけれど連絡がない!
ある日 近所の 息子が、交通事故で死んだ。
「人間のいのちというのは、わからんもんじゃなぁ」

カラスの世界でも、こんなことがあったんです。
カラスの、カーイチ郎もどってこんかなぁとおもて」
近所のカラスの、
カー吉の息子 カー太郎が死んだ。
親よりはよ死ぬより、「元気でいるほうが親孝行やで」
カラスたちは、こんな話をしていた。
人間て、智恵のある生き物やねんで、
そやけど、「人間どうしで、きずつけおうたりして、アホなやつらや」

ほんとに カラスに言われてしまったなあ〜
そうおもいました。

一方 あの 吾一郎は、どこに住んでいたか。
親に頼らず、美香と一緒に、お店を始めてがんばって生きていた。
お金貯めて、両親や、兄弟を 旅行につれてあげようと
がんばっていた。
「親に頼らず、自分たちで、がんばってきてよかったやない。」
「おれ、小さいとき カラスというあだ名やったんや!」
奥さんの美香さんもえらい、「カラスて、バイタリティーがあるねんで。 一生懸命生きているんや。
わたしらもがんばろう」
こんなに素直に生きている、吾一郎夫婦にも、感動します。

そして
おちの 「人もカラスも見かけだけで 判断しないようにしよう。」
なっとく なっとく
いい話やったなあーと、思いました。
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,650円
1,430円
1,650円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,400円
1,430円
275円
385円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

桂三枝の落語絵本シリーズ(6) カラス

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら