ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
たべる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たべる

  • 絵本
作: 谷川 俊太郎
絵: 井上 洋介
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「たべる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

戦争と平和を伝えるこんな絵本があったでしょうか。
この夏、ぜひ子供たちといっしょに読んでほしい1冊!!

お菓子が大好きなたかし。今日もおなかいっぱいで、夕ごはんを食べずにそのまま寝てしまった。そして、――。たかしはいつのまにか暗い森の中。おなかはぺこぺこ。怖いことがたくさん起こった。戦争なのだ――。そして・・・。
戦争とはなんだろう。の飢えと恐怖――。谷川俊太郎さんの強い思いと言葉、井上洋介さんの気迫満ちた絵でぐいぐいと物語世界に引き込まれていきます。ちょっと怖くて二度と忘れられない絵本、そして、毎日のあたり前の生活のあたたかさがとっても大切に感じられる絵本です。

ベストレビュー

衝撃的でした....

図書館で背表紙の題名を見た時に、「科学絵本かな? でも、谷川俊太郎さんが文?」と、なんか科学絵本なら斬新そうな気がして手にとり、そして表紙の絵を見て、ぞっとしました。

なんとなく怖いものみたさみたいなものがあってパラパラと読んでみると、どよよーんという気持ちになり、でも、これは子供に見せなくてはいけないという使命感みたいな物を感じて借りて帰ってきました。そして、当の本人は、案の定、ちょっとひきつった感じの顔で本を眺めていました。

食べるという題名の通り、“今、食べられることの意味”を考えさせられる本です。そして、世界には飢えた子供達、そして飢えが故に殺戮までおきている現状を、谷川さんの歯に衣を着せない表現と井上洋介さんのグロテスクな絵でストレートに読者に事実を突きつけてきます。

小さなお子さんには向かないかもしれません。でも、小学校中学年になったら、この本を読んで、一考してみるのも大切なことかもしれません。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


谷川 俊太郎さんのその他の作品

いえすみねずみ / まけるのもだいじだよ にじいろのさかな / えじえじえじじえ / 生きる / よるのこどものあかるいゆめ / でんでんでんしゃ

井上 洋介さんのその他の作品

エースケをさがせ / ホウホウフクロウ / きんのつののしか / つきよのふたり / こぶたのぶうくんと しりとり / こわくない



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

たべる

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット