大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
もじと絵
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もじと絵

  • 絵本
絵: 黒田 征太郎
もじ: 乾 千恵
出版社: アートン

本体価格: ¥1,200 +税

「もじと絵」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

乾千恵さんは、力強い、踊りだすような素晴らしい文字をお書きになります。脳性マヒのため身体が不自由なのですが、図書館を始めとするいろいろな場所で書展をされたり(お寺や野外でも!)、うまく回らない口で朗読をされたりと、不自由であることを感じさせないほどバイタリティーにあふれた素敵な女性です。1月に「月人 石」(福音館)と題する絵本を出版し、その書展が現在も各地で行なわれています。4月に滋賀県能登川町立図書館でも開催され、それが本書の企画の出発点です。
イラストレーターの黒田征太郎さんは、幼い頃、大阪から疎開で能登川に来ていました。“よそ者”だった黒田さんはなかなか馴染むことができず、いい思い出がなかったそうです。以来、能登川に足を向けることがありませんでした。しかし昨年、NHKの番組「課外授業ようこそ先輩」で久々に母校・能登川南小学校を訪れたのです。その番組を見て感動した能登川町立図書館の館長が黒田さんに開催中の乾さんの書展をぜひ見てほしいと手紙を書きました。そして「行かせてもらいます」と返事をした黒田さんを、当日、乾さんが出迎えたのでした。黒田さんは展示スペースに入るなり、「ええなぁ、これ」と乾さんの文字を見て言ったそうです。そして、その場で絵を描き始めました。そう、それをまとめたのが本書です。風、土、梟……12の文字に12の絵をつけたのです。文字と絵が出会ったことで、この楽しい絵本ができました。

ベストレビュー

書から思い描くこと

書家とイラストレーターのコラボレーション作品です。
正直言えば、組み合わせのちぐはぐさにスルーしかけたのですが、黒田征太郎さんのこの本ができた説明を見て踏みとどまりました。
書家の乾千恵さんは脳性小児マヒで身体が不自由ながら、とてもダイナミックな書を書き、いろいろなイベントに参加する力強い方です。
その力強い乾さんの一文字一文字から様々なイマジネーションがわき上がります。
黒田さんはその乾さんの文字から思い浮かべたものを、黒田さんなりに形にしたのです。
同じ文字をデフォルメして、茶化したわけではありませんが、黒田さんは乾さんの文字から軽快な世界を受け取ったのです。
この発想はとても良いことだと思いました。
乾さんの文字を見て、黒田さんの絵と言葉を見て、ナルホドと思うのもよし、イヤイヤと思うのもよし。
そんな感覚で眺めると、楽しくなると思います。

(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

乾 千恵さんのその他の作品

たいようまでのぼったコンドル / 山からきたふたご スマントリとスコスロノ / 月人石−乾千恵の書の絵本

黒田 征太郎さんのその他の作品

拝啓 サクラさく / 岩になった鯨 / 水の話 / 火の話 / 昭和二十年八さいの日記 / 峠の狸レストラン



風変りで美しい表現方法がたくさん!

もじと絵

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット