大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
ジス・イズ・オーストラリア
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ジス・イズ・オーストラリア

  • 絵本
作・絵: ミロスラフ・サセック
訳: 松浦弥太郎
出版社: ブルース・インターアクションズ

本体価格: ¥1,800 +税

「ジス・イズ・オーストラリア」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784860201845

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

 「オーストラリア」と聞くとまだワールドカップでの痛みがちくっと疼く気がしますが(笑)、この絵本を読めばとすぐにそんな気分は気持ちいい大陸の風に吹き飛んでしまいます。
 オーストラリアは世界一大きい島、そして世界一小さい大陸です。シドニーの街並み、ヨットの形のシドニー・オペラハウス、キングス・クロス・・・そこを横切るとタロンガ動物園。珍しい動物達に出会えます。カンガルー、コアラ、ウォンバット・・・。次はキャンベラ、メルボルン、そしてアボリジニ。そうやってどんどん横断していくのです。
 とにかく読み進んでいくだけで本当にオーストラリアを旅している気分を味わえるのです。絵も大きく大胆、洒落ていながら正確に伝わってきます。国の歴史や風土、その国の持つさまざまな表情、そういったものまでさりげなく伝わってきます。堅苦しい図鑑とは違います。あくまで絵本として楽しめるのです。それがこのシリーズの魅力。
 作者サセックは、若き日にプラハで建築をパリで芸術を学び、それから世界の都市を旅しながらこの「ジス・イズ」シリーズを描いたのです。「ニューヨーク」に始まり「サンフランシスコ」「パリ」・・・と続いて現在日本では10作出ています。今後8冊出る予定です!それだけ世界を通じて子供から大人まで虜にしているシリーズなのです。さぁ、他の国も読みたくなってきたでしょう。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

This is GOOD OLD City! あの頃の、あの街へようこそ!
コアラだっこした〜い。
世界一大きな島、そして世界一小さな大陸をご案内。
たまらなくカワイイ表紙で古書ではシリーズいちばん人気のオーストラリア。ヨットのかたちが目印のオペラ・ハウス、タロンガ動物園で出会う見たことのない珍獣たち、岩肌のところどころにアボリジニの絵が描かれたエアーズ・ロック…。見どころ満載、複雑な歴史もわかりやすく紹介します。

ベストレビュー

サセックさん

サセックさんの作品だったのでこの絵本を選びました。以前にもシリーズを読んだことがあるので嬉しくなりました。この絵本を読むとオーストラリアを旅しているような臨場感が味わえるのが良いと思いました。町並みや建造物がとても美しくうっとりしました。この絵本を持ってオーストラリアに行きたくなりました。
(ぴょーん爺の娘さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ミロスラフ・サセックさんのその他の作品

ジス・イズ・ロンドン 改定版 / ジス・イズ・テキサス / ジス・イズ・エジンバラ / ジス・イズ・イスラエル / ジス・イズ・ワシントンD.C. / ジス・イズ・ローマ

松浦弥太郎さんのその他の作品

アンリくん、パリへ行く / ジス・イズ・ギリシャ / ジス・イズ・ユナイテッドネイションズ / ジス・イズ・ヒストリックブリテイン / ジス・イズ・ホンコン / ジス・イズ・ケープケネディ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

ジス・イズ・オーストラリア

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット