はーくしょい はーくしょい
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ルルちゃんが「はーくしょい!」セーターをきても、マスクをかけても「はーくしょい!」そこで、まほうつかいをよびますが……?
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

魔法使いのおまじないで治るといいのに
風邪をひいたらしくて、くしゃみがどうし…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
プリンセス・リリー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

プリンセス・リリー

  • 絵本
作: ブルクハルト・ヌッペナイ
絵: モニカ・フィンスターブッシュ
訳: 栗栖 カイ
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,650 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「プリンセス・リリー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

美しいプリンセス城に住む妖精リリー。
ある日、妖精としてデビューする
特別の妖精舞踏会の招待状が届きます。
とびっきりのドレスやアクセサリーを
用意するリリーですが…。

ベストレビュー

小さい女の子は楽しめるのではないでしょうか

イラストの世界観がとてもメルヘンチックでかわいらしいので、小さい女の子には十分楽しめる内容だと思いました。

大人目線からではストーリーのオチが物足りないこのシリーズですが、こちらはこれはこれでそんなに気になりませんでした。

普段から人の為に尽くしている主人公だから、困った時は友達みんなが協力して助けてくれる……いいんじゃないでしょうか。日頃の行いが自分に返ってくるという、いい意味の教訓です。

オシャレしたリリーを『なんだか案山子みたい…』と友達達が評する場面も私はそんなに気になりませんでした。その代わりちゃんと素敵な衣装を用意してくれるような友人達なんです。
トンチンカンなコーディネートのままパーティーに行かせるより、正直に言ってあげる方が本当の友達では?

この辺のフランクな物言いは、欧米の作家の作品ならではな感じです。
(日本人にはひっかかる感覚かもしれません)

リリーも別に傷ついたというより、いまからでは間に合わなそうで困ってヘコんだだけと私は受け取りました。

同じシリーズのバレリーナの本や秘密のレッスンよりは個人的にこちらが一番お勧めです。(イラストの世界観を子供が気に入っているので、全部持っています)
(Maiyonさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ブルクハルト・ヌッペナイさんのその他の作品

プリンセス・リリーのちいさなバレリーナ / ユニコーンと王子さま / ひみつの魔法レッスン

栗栖 カイさんのその他の作品

あかちゃんのいちにち / しろくまくんおてがみですよ / ちびうさぎ / ちびくまのプレゼント / ちびひつじ / フェリックスの手紙7 世界の子どもに会いにいく



『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

プリンセス・リリー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット