貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ちょうちょうのくにへ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちょうちょうのくにへ

作・絵: ジビュレ・フォン・オルファース
訳: 松居 友
出版社: 福武書店

本体価格: ¥1,301 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちょうちょうのくにへ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

生きることの喜び

 娘がオルファースの絵本に出会ったのは、小学校に入ってから。それでも、すぐに絵の美しさに惹かれ、夢中になって絵を写したりしながら、「子どもの世界」(夢の世界)のお話に引き込まれていきました。
まだまだ子ども時代の真っ只中にいる間に、オルファースの作品に出会えて、本当によかったな、とオルファースの絵本を開くたびに嬉しくなります。

 この絵本は、ぱっと目を引くような華やかさはないのですが、蝶々の「生き物」としての美しさが際立ち、また、いもむしやさなぎのぼうやたちのかわいらしさも格別です。
娘は、どの子が何の蝶なのか、本文と絵を交互に見て確かめていました。

 「ちょうちょうに うまれて よかったね」・・・この一文にすべてが集結されている生きることの喜び。この絵本に触れる子どもたちみんなが、そんな喜びに包まれた毎日を送ってくれているといいな、と願ってやみません。

(ガーリャさん 40代・ママ 女の子6歳)

出版社おすすめ


ジビュレ・フォン・オルファースさんのその他の作品

ねっこぼっこ / ちょうちょのくに / うさぎのくにへ / ゆきのおしろへ / 風さん

松居 友さんのその他の作品

おひさまのくにへ / ふたりだけのキャンプ  / こぐまをあらう雨



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ちょうちょうのくにへ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット