ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
きみ どこへゆくの? ―スウェーデンの子どものうた―
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きみ どこへゆくの? ―スウェーデンの子どものうた―

作: アリス・テグネール
絵: エルサ・ベスコフ
訳: ゆもと かずみ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「きみ どこへゆくの? ―スウェーデンの子どものうた―」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年02月
ISBN: 9784198619862

5歳から

出版社からの紹介

ゆたかな自然の中で働き、遊ぶ子どもたちの世界が、楽しい歌と美しいさし絵でいきいきと描かれる、「歌の本」。「スウェーデンの子どもの歌の母」と敬愛されるアリス・テグネール作の歌に、人気絵本作家ベスコフが絵をそえました。作家湯本香樹実による訳詞に、弾いて歌える楽譜つき。

ベストレビュー

素晴らしいコラボ作品!

「スウェーデンの子どもの歌の母」と敬愛されるアリス・テグネールの歌に、スウェーデンを代表する絵本作家エルサ・ベスコフが絵をそえた古典絵本。全曲、弾いて歌える楽譜つき♪

今では女性の社会進出が当たり前になっているスウェーデンですが、お二人が作品を創っていた当時は、女性が仕事を持ったり、社会的な活動をしたりする機会はまだ少なかったそうです。
そんなお二人が組んで創りあげ、初めて日本語の歌として紹介されたこの作品は、楽譜つきで唄う事も出来ますが、詩とイラストを拝見するだけでも、とても素敵な1冊でございました(o^_^o)
ワタクシは、エルサ・ベスコフさんのイラストがとても好きなのですが、画集としても楽しめる作品でございました(o^_^o)お薦めです♪
(梨華さん 30代・その他の方 )

おすすめレビュー

この絵本が!

この絵本が、「まなびナビ」のセレクションの中にあったことに感動しました! 「小学1年生」の「音楽」のジャンルで検索して、たまたま見つけた1冊。 我が家では、ただただべスコフの絵本が大好きで、何十冊と集…

→続きを読む

powerd byまなびナビ

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

エルサ・ベスコフさんのその他の作品

カイとカイサのぼうけん / 雪のおしろへいったウッレ / クローカ博士の発明 ベスコフ童話集 / おひさまがおかのこどもたち / あおおじさんのあたらしいボート / ちゃいろおばさんのたんじょうび

ゆもと かずみさんのその他の作品

かめのヘンリー / いたずら王子バートラム / くまって、いいにおい / きつねのスケート



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

きみ どこへゆくの? ―スウェーデンの子どものうた―

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット