クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ハーレムの闘う本屋 ルイス・ミショーの生涯
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハーレムの闘う本屋 ルイス・ミショーの生涯

  • 児童書
著: ヴォーンダ・ミショー・ネルソン
イラスト: R・グレゴリー・クリスティ
訳: 原田 勝
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

「ハーレムの闘う本屋 ルイス・ミショーの生涯」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年02月25日
ISBN: 9784751527528

中学生
B5判 180ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

敬虔なキリスト教信者である母と、差別にさらされながらも強い信念をもって商売を成功させた父とのあいだに生まれた、ひとりの少年、ルイス・ミショー。
ルイスはみずからの民族が白人によって虐げられ、軽んじられている現状に、常日頃怒りを抱いてきました。
14歳のとき、ほんの一袋のピーナッツを盗んだ罪で、20回もの鞭打ちという罰を受けたルイス。

「白人はアメリカにやってきて、インディアンからアメリカを盗んだ。そして今度はアフリカへ行っておれの祖先たちを盗み、おれたちを奴隷にした。おれは生きるためにした盗みで罰を受けた。白人だって同じことをしているのに」

ルイスは本を読み、自分たち黒人の歴史を学びます。
そして、黒人の権利を勝ち取るために戦った、多くの先人たちの言葉が、ルイスを勇気づけました。
奴隷制度廃止運動家であり、政治家としても知られるフレデリック・ダグラスもそのひとり。
かつて、奴隷であったころのフレデリック・ダグラスは、みずからの主人がこう言っているのを聞きます。

「学問は世界でもっともいい黒人をだめにする。黒人に読み書きを教えたら、いい奴隷にはならない」

フレデリック・ダグラスはそれを聞いて、若いころから抱いてきたとある疑問に答えを見いだします。
なぜ白人は黒人を奴隷にすることができたのか、という疑問の答えを。

不平等への怒りをくすぶらせながら成長したルイスは、とうとうひとつの結論に達します。

「黒人はなぜ成功できないのか、とたずねられていたら、白人たちの抑圧のせいだ、と答えていただろう。今、同じ質問を受けたなら、それにつけくわえて、黒人が自分たちのことを知らないからだ、と答えなければならない」

ルイスは、差別的に扱われている現状に甘んじている同じ黒人の無知さこそが、不平等を助長しているのだと考えました。

「本を読まなければならない。黒人のために、黒人が書いた、アメリカだけでなく世界中の黒人について書かれている本だ」

そしてルイスは、黒人についての本だけを揃える、黒人専門書店を開いたのです!
とはいえ、はじめの品ぞろえはわずか5冊。
そのうえ、黒人は本を読まないとまで言われていた時代。
だれも、ルイスの試みが成功するとは考えていませんでした。

ところがやがて、ルイスの書店は差別撤廃を訴える活動家の拠点となり、多くの黒人が自らのルーツを学ぶための知の宝庫へと成長を遂げていくのです。
なんとその最終的な蔵書数は2万冊にも及び、多くの文化人がルイスの店に通いつめてその知識を深めました。

本書の大きなみどころのひとつは、『差別者 対 被差別者』、という構図からのみ、人種差別の問題を描き出しているわけではないところです。
当時を生きた人々の目から見る人種差別の実態について描かれているのはもちろん、それに加えて本書の大きなテーマになっているのが、「どうやって差別と戦うか、どうすれば差別をなくせるか」について、異なる意見を持つ黒人たちの信念同士がぶつかる、内なる闘争です。

「I have a dream」のスピーチで知られるキング牧師について、ルイスは「キングの夢は、悲しいかな、夢でしかない」と切り捨てます。
そんなキング牧師はまた、彼の活動に反発した黒人女性によって刺されたことがあります。
キング牧師と同様、人種差別撤廃に貢献したかのマルコムXも、信念を異にする同じ黒人の手によって暗殺されました。
そしてルイス自身も、同じく黒人の権利を勝ち取るために戦っていた兄のライトフット・ミショーと、晩年まで意見の対立を解消することができなかったのです。

黒人の権利のために生涯をささげた、闘う本屋ルイス・ミショー。
学校では教えてくれない、差別のただ中にあって平等を勝ち取るために戦った人々のリアル!
登場人物たちがインタビューに答えるような形でそれぞれのエピソードについて描かれていくので、小説として楽しむことのできるとても読みやすい作品です。
未だ残る人種差別の問題について学ぶのに最適であることはもちろん、自らのルーツについて知ること、そして本を読むことの大切さを教えてくれる一冊。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

1939年、ニューヨーク7番街に、風変わりな書店が誕生した。黒人が書いた、黒人についての本だけを売る店。「知識こそ力」という信念のもと、全米一の専門書店を作った男の生涯。

ベストレビュー

おもしろい!

これを手に取れる今年の高校生は幸運だ。

著者は、主人公ルイス・ミショーの姪にあたる図書館司書。多くの人にインタビューをし、ていねいにルイス・ミショーの生涯をたどっている。足りない部分は無理のないフィクションで埋めているらしく、読み物として読みやすい。

彼は、「二グロは本を読まない」と言われていた時代に、ニューヨークのハーレムに本屋を開き、その店はのちに、黒人に関するあらゆる本を揃える全米一の本屋になるのだ。

店には、マルコムXや多くの著名人が集い、議論を闘わす場所になる。

彼は書店の奥に買わなくても本を読めるスペースを設け、ハーレムの少年たちに知識を提供する。

原書のタイトル「no cristal stair」は、彼が学校へ行っていない少年に薦めた詩集にのっていたラングストンの詩の一節だ。

黒人の尊厳の高めるため、黒人の意識を高めるため、この書店が荷った役割は小さくない。誇り高き本屋である。

夏休み初めにこれが品切れとは、あすなろ書房は何をしているのか。早急に増刷して、この素晴らしい本を多くの人に届けてほしい。
(りら2011さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


原田 勝さんのその他の作品

エヴェレスト ファイル シェルパたちの山 / 飛行士と星の王子さま サン=テグジュペリの生涯 / 大地のランナー / フェリックスとゼルダ / 王国の鍵7 復活の日曜日 / 王国の鍵5 記憶を盗む金曜日



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

ハーレムの闘う本屋 ルイス・ミショーの生涯

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット