いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です
そよかぜはなさん 40代・ママ

なぜいっことさんこ?!
リズミカルに読み進められる本です。 …
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
まちんと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まちんと

  • 絵本
作: 松谷 みよ子
絵: 司 修
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1983年08月
ISBN: 9784034380109

小学初級から

出版社からの紹介

昭和20年8月6日の朝、原爆にきずついた女の子は、まちんとまちんとと、トマトをねだって死んだ。

ベストレビュー

広島原爆下、もうすぐ3歳の女の子は

「まちんと」というのは、もうちょっと、という言葉の方言を
幼い女の子が回らない舌で言った言葉のようです。
広島の原爆の炎の中で、もうすぐ3歳の女の子は、苦しみながら寝かされて、
母が口に含ませてくれたトマトを、「まちんと」と欲しがったというのです。
女の子のその後は、まるで民話のように幻想的ですが、
その魂の想いを考えると、とても納得してしまいます。
原爆の絵本は、仕方がないとはいえ、とかくシリアスで子どもたちに手渡す時には配慮が必要ですが、
この作品は、原爆そのものを直視して描いていますが、
惨状を生々しく描くのではなく、この女の子に焦点を当ててあり、
小さいお子さんにも受け入れられやすいと思います。
なにより、今とつながっている、というところが、
共感できると思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子16歳、男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

ともだち<復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら<復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん / 講談社文庫 ちいさいモモちゃん

司 修さんのその他の作品

かぐ、あじわう / おじぎをしたなつめやしの木 / ラーゲルレーヴのおばあちゃん / 絵本 銀河鉄道の夜 / 雨ニモマケズ / グスコーブドリの伝記



家族みんなでワイワイ遊べるグッズが盛りだくさん!

まちんと

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.84

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット