新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

ききみみずきん

ききみみずきん

作: 木下 順二
絵: 初山 滋
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1984年
ISBN: 9784001105865

出版社のおすすめ年齢:4・5歳〜

出版社からの紹介

貧しい荷物はこびの藤六は,病気の母親にもらった頭巾をかぶって仕事にでかけました.おどろいたことに,それは鳥や木たちのことばがわかる,ふしぎな頭巾でした.日本民話の絵本.

ベストレビュー

自然体なお話で好感がもてました

かぶっていると、鳥の話や木の話がわかる不思議な頭巾。
母親思いの籐六は、雨の中をおおきな嫁入り箪笥を長者の家に運びます。
律儀な籐六は、心優しくて打算がありません。
鳥たちの話で長者の娘が病気だと知って、籐六は病気を治すために山に向かいます。
木たちの話によると、娘の病気を治すためには、枯れそうなくすのきを元気にしなければなりません。
くすのきを元気にするためには山の上の大きな石をその場所からどかさなければならないのです。
山の石をどかしたら、くすのきは元気になり、娘の病も治りました。
さらに、今まで長者が独占していた田畑の水が村中に行きわたるようになって、村は豊かになりました。
本当ならば、長者の娘にとって籐六は恩人だから、何かご褒美があってもよさそうです。
村人にとっても恩人だから貧乏な暮らしから解放されたなんてこともありそうです。
しかし、そんなありきたりな展開ではないところがとても清々しいのです。
病気が治った母親と、不思議な頭巾で小鳥たちの話を聞くところには、しみじみと情感をくすぐられました。

ところで籐六の聞いた鳥たちの会話。
「すべる」とか、「ひっぱって」とか、会話はどんな光景を想像すれば良いのでしょうか?
ききみみずきんの謎でした。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
880円
1,540円
1,980円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
440円
2,200円
2,090円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

ききみみずきん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら