おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
こまったうしのガイコツまおう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こまったうしのガイコツまおう

  • 絵本
作: 松山 円香
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年03月05日
ISBN: 9784097265696

1歳〜小学校低学年
32ページ

みどころ

ドキッとする表紙に内股で立ちすくむのは、
この物語の主人公「うしのガイコツまおう」。

そう、彼は牛の骸骨の魔王。
なんとも暗黒世界の帝王のような凄みのある外見なのに、最近いつもため息ばかり。
なにやら大きな悩みをかかえているようです。

「いったい、じぶんは なにものなんだろう〜」

えっー?!
魔王ともあろう者の口からそんな言葉がこぼれるとは・・・。
牛で、骸骨で、しかも魔王であるが故にどれも中途半端に思えて、自分自身の存在がわからなくなってしまったというのです。
そこへ、旅の途中、道に迷った白ねこがやってきます。
「うしか、ガイコツか、まおうか、どれかひとつにきめたらどうかな」と白ねこ。
その提案が気に入った「うしのガイコツまおう」は、自分が何者か知るために、牛として過ごしたり、ガイコツと交流してみたり、恐ろしい魔王に魔法を教わったりと1日体験を実施してみます。
しかし、どれも気に入ってどれも嫌なところを見つけてしまうのです。そんな時、ずっと身近で見守ってくれていた白ねこの身に危険が!

「うしのガイコツまおう」は、どうしたのでしょう。
そして、自分が何者か答えを見つけることができたのでしょうか。

作者は、『アリゲイタばあさんはがんこもの』(小学館)や『ひかりうりのぴかこさん』(佼成出版社)の松山円香さん。今回の絵本では、既刊の二作品とは異なる新たな魅力が引き出されています。
美しく繊細でありながら、迫力のある松山円香さんの絵の世界。ある時はとてもお茶目に、ある時は荒々しく情熱的な「うしのガイコツまおう」。表情がないようでいて、驚くほど生き生きと魅力的で可愛らしいのです。かけがえのない友だちとなる白ねことの時間がとても愛おしく描かれています。子どもに「考える」きっかけを与えてくれる、哲学的な要素の入った本作。親子で一緒に読むことをおすすめしたい!
答えは、自分ひとりで考えるより、誰かと一緒に考えることが大切なのかもしれないと教えてくれる、心が温まる絵本です。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

こまったうしのガイコツまおう

こまったうしのガイコツまおう

出版社からの紹介

悩めるうしのガイコツまおうの物語『アリゲイタばあさんはがんこもの』で絵本デビューした絵本作家松山円香さんの待望の新作。主人公は、うしであり、ガイコツであり、まおうの“うしのガイコツまおう”。うしでも、ガイコツでも、まおうでもある“うしのガイコツまおう”は、自分が何者なのかはっきりしなくて、毎日ためいきばかりついていました。そんなある日、白ねこがやってきて「きみは、なに?」とききました。まおうが、自分の悩みを伝えると、ねこは、「だったら、どれか一つに決めたらどうかな」と提案しました。「それはいい考えだ!」とまおうは、まず、うしになることにしました。まおうは、結局、何者だったのでしょうか?

ベストレビュー

自分とは

自分はうしなのか、ガイコツなのか、まおうなのか…悩めるうしのガイコツまおうのお話です。
子どもには「まおう」が何かわからなかったかな。
自分とは…っていうとちょっと難しいテーマですね。
このうしのガイコツまおう、いたって平和な人物だなーと思いました。
うし、ガイコツ、まおう…らしく振舞いますが、うしのガイコツまおうはうしのガイコツまおうでしょう。
登場する白猫とのやりとりが良いです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

松山 円香さんのその他の作品

ヤモップさん、ぴたっとかいけつ! / ひかりうりのぴかこさん / アリゲイタばあさんは がんこもの



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

こまったうしのガイコツまおう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット