雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
リフカの旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リフカの旅

  • 児童書
作: カレン・ヘス
訳: 伊藤比呂美 西 更
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,400 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年03月
ISBN: 9784652200865

小学上級、中学、一般
B6 224ページ

出版社からの紹介

1919年、ロシア兵の迫害をのがれアメリカを目指すユダヤ人の一家。12歳の末娘リフカは途中かかった病いのため一人ヨーロッパに足止めされる……。アメリカ入国までの困難と不安や夢を、故郷に残った大好きな従姉に宛てた手紙で綴る。2012年フェニックス賞受賞作。

●編集者コメント
「ビリー・ジョーの大地」でニューベリー賞を受賞したカレン・ヘスの、自らの原点を描く物語。詩人・伊藤比呂美が12歳の魂になりきって日本語に。

ベストレビュー

一気に読み終えました

ロシア・ウクライナから迫害を乗り越えてアメリカに移住しようとしたユダヤ人家族。
幾重もの困難が立ち向かって来ます。
解りやすく凝縮された文章の中に、語られていない苦難の大きさを想像させるものが散りばめられています。
きっと手紙の形式をとっているからですね。
主人公リフカは、家族から離されベルギーに残されました。
家族との再会までのドラマもスリリングです。
イリヤをはじめ、多くの登場人物がくっきりと描かれていて、感動をより深いものにしていました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

カレン・ヘスさんのその他の作品

じゃがいも畑 / クラシンスキ広場のねこ / ふれ、ふれ、あめ!

伊藤比呂美さんのその他の作品

今日 / <よりみちパン!セ> あのころ、先生がいた。 / きみの行く道 / ふしぎのたね / なっちゃんのなつ / おめめとじてね



「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

リフカの旅

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット