かさちゃんです。 かさちゃんです。
作・絵: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
雨の日のおでかけも楽しくなるよ!
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
みずたまのたび
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みずたまのたび

  • 絵本
作: アンヌ・クロザ
訳: こだましおり
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「みずたまのたび」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年03月07日
ISBN: 9784890139491

B5

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


あなたの好きなキャラクターはどれ?

みどころ

「わたしは ちいさな みずたま」という言葉ではじまる、水の絵本。
スイスの作家がコンピューターグラフィックで美しく描く本書は、いわゆる「科学絵本」のイメージからはちょっと離れた印象です。

ネコが水を飲んだ、ボウルの底にひとつぶ。
残ったみずたまは、
「そうだ、たびに でかけよう!」
小さな粒になり、空に舞いあがります。
雲といっしょに旅をして……高い山にぶつかり、雪の結晶になります。
地上でまたみずたまに。地表をすべりおりて地下へ。
水脈から川へ、海へ。
旅はさらにつづきます。

「みずたまに もどった わたしは、
へんてこな石の うえに おちた。」

詩的でシンプルな言葉を、みずたまの旅を味わうように、ゆっくり声に出して読んでみてください。
洗練された色彩、動植物のフォルムがあざやか。
どのページを開いても、控え目ながら、どこか生き生きとしたグラフィックが印象に残ります。

『ぼくはここで、大きくなった』で2009年にフランスの「科学の本」賞を受賞。
作者のセンスを感じる、アートの趣のある科学絵本です。


(大和田佳世  絵本ナビライター)

みずたまのたび

出版社からの紹介

ボウルのそこにひとつぶ のこったみずたま。
おひさまのおかげで、空に まいあがり、 雲にのり、雨になって、また、土のなかへ。
そして、川から海へ……

さまざまなかたちにすがたを変え、いろいろないきものに出会いながら、
地球をめぐる“みずたま”の冒険!
美しいイラストの科学絵本。

ベストレビュー

水の流れ

このお話は、始まりは猫の残した一粒の水玉の粒が蒸発して雲になって、雨になって川に流れ、海に行きついたお話でした。この水玉が旅をしている様子を読みながらも、水の仕組みのことを学べていると思うのでとっても面白かったです。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アンヌ・クロザさんのその他の作品

ぼくはここで、大きくなった

こだましおりさんのその他の作品

3日ずつのおくりもの / 湖の騎士ランスロット / イカロスの夢 / アリ・ババと40人の盗賊 / リタとナントカのおきゃくさま / リタとナントカのピクニック



おいしいものをめぐるぼうけん、食べもののルーツを大紹介!

みずたまのたび

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.31

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット