宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
しらゆきべにばら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しらゆきべにばら

作: グリム童話
絵: バーバラ・クーニー
訳: 鈴木 晶
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,350 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「しらゆきべにばら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784593503360

4、5歳から

出版社からの紹介

しらゆきとべにばらは仲の良い姉妹。おかあさんと3人で暮らしています。ある冬の日、大きなクマがたずねてくるようになったり、おつかいの途中で恩知らずの小人に会ったり……。

ベストレビュー

1番好きなグリム童話

 グルム童話の中でも、娘が1番好きなお話。私もいっしょに読んで、大好きになりました。バーバラ・クーニーの絵も、とっても素敵ですね。

 原っぱを走り回り、花や蝶々を追いかけるのが好きなべにばら。お母さんの手伝いをしたり、本を読んであげることが好きなしらゆき。2人を足して2で割ったような性格の娘は、将来どんな王子様と(!)結婚するのかなあ?なんて、母親としてもわくわくしながら楽しめました。

 森に苺摘みに出かけ、動物たちと戯れる2人。糸を紡ぎながら、お母さんが読んでくれるお話に耳を傾ける2人。どのページもうっとりするほどの美しさです。

 そして、まさに「プリンセス物語」のハッピーエンディングなのですが、そこで終わってしまわないのが、このストーリーの素晴らしいところ。本当に心和む、しあわせな結末になっています。

(ガーリャさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリム童話さんのその他の作品

(デジタル)ラプンツェル / (デジタル)はくちょうのおうじ / (デジタル)しろばらとべにばら / (デジタル)かえるのおうさま / (デジタル)おいしいおかゆ / (デジタル)ねむりのもりのひめ

バーバラ・クーニーさんのその他の作品

ちいちゃな女の子のうた”わたしは生きてるさくらんぼ”【新版】 / ホイホイとフムフム たいへんなさんぽ / クリスマス / 雪の日のたんじょう日 / 3びきのこいぬ / どうぶつたちのクリスマス

鈴木 晶さんのその他の作品

バレエへの招待 / 小さな反逆者 / ボンジュール、サティおじさん / 12の月たち



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

しらゆきべにばら

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット