新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
白いねこ

白いねこ

絵・訳: こみねゆら
原作: オーノワ夫人
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,923

「白いねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784039602107

出版社のおすすめ年齢:高学年〜

出版社からの紹介

妖精の城へ迷いこんだ王子が、ねこに変えられた王女の呪いをとくと…。17世紀の古典が華麗なタッチの装画でよみがえる愛蔵絵本。

ベストレビュー

美しく高貴な作品。

イラストが、細部まで丁寧に描かれており、日本の方とは思えない程の美しく高貴であり、眺めているだけでも贅沢な感じのする素晴らしい作品だと思いました(o^_^o)
 王座をかけた試練を3番目(末)の王子とドレスを着た、品のある白い猫のお話なのですが、白猫が生まれる前のお話から、生まれた時・・・・・・お話が遡り、眠れぬ森の美女のようなお話です。小さなお子様には、ちょっと難しい感じにも思えます。文も原作に忠実なのでしょうか、詳しく書かれているせいか、ちょっと長めでございます。
現在のフランスやイギリスでは、ほとんど忘れられた物語のようですが、白猫だけは、今でもペロー原作のバレエ「眠れる森の美女」に出演しているらしいです。
読み聞かせるとしても、間延びした感じで飽きてしまうかも知れませんが、大人の方でしたら、イラストも美しいですので、楽しめる作品だと思います(o^_^o)
小さなお子様には、『白猫(再話)』の方を、おすすめさせて頂きたいと思います。
(梨華さん 30代・その他の方 )

関連記事

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

白いねこ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら