貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
白いねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

白いねこ

絵・訳: こみねゆら
原作: オーノワ夫人
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,748 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「白いねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784039602107

小学上級から

出版社からの紹介

妖精の城へ迷いこんだ王子が、ねこに変えられた王女の呪いをとくと…。17世紀の古典が華麗なタッチの装画でよみがえる愛蔵絵本。

ベストレビュー

美しく高貴な作品。

イラストが、細部まで丁寧に描かれており、日本の方とは思えない程の美しく高貴であり、眺めているだけでも贅沢な感じのする素晴らしい作品だと思いました(o^_^o)
 王座をかけた試練を3番目(末)の王子とドレスを着た、品のある白い猫のお話なのですが、白猫が生まれる前のお話から、生まれた時・・・・・・お話が遡り、眠れぬ森の美女のようなお話です。小さなお子様には、ちょっと難しい感じにも思えます。文も原作に忠実なのでしょうか、詳しく書かれているせいか、ちょっと長めでございます。
現在のフランスやイギリスでは、ほとんど忘れられた物語のようですが、白猫だけは、今でもペロー原作のバレエ「眠れる森の美女」に出演しているらしいです。
読み聞かせるとしても、間延びした感じで飽きてしまうかも知れませんが、大人の方でしたら、イラストも美しいですので、楽しめる作品だと思います(o^_^o)
小さなお子様には、『白猫(再話)』の方を、おすすめさせて頂きたいと思います。
(梨華さん 30代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

こみね ゆらさんのその他の作品

若草物語 / もみの木のねがい / 人くい鬼 / しあわせなおうじ / 空とぶじゅうたん(1) / 空とぶじゅうたん(2)



世界傑作絵本に、英語と日本語の音声CD付きが登場!

白いねこ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット