モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
海のおっちゃんになったぼく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

海のおっちゃんになったぼく

  • 絵本
作: なみかわみさき
絵: 黒井 健
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784861010576

出版社からの紹介

海の声を聞くのが 好きや。 波がな、ざぱざぱんっていうのが 好きやねん。
ぼくんちの裏に 海があるから、すぐ行けるねん。だからいつも、海に会いに行っててん。
・・・
そして海辺で「青いビー玉」をひろったぼく。

なみかわみさきさんは「大好きで大切な海のことを伝えたくて」、17歳のときに、このお話を書きました。
幼いころから馴染んできた大阪南部・泉州の海、祖母の語り口の泉州弁・・。ぜひ声に出して読んでみてください。
1992年「第2回 海のメルヘン大賞」を受賞。その審査委員長で大の海好きとしても知られる作家・椎名誠さんも大絶賛する作品です。

ベストレビュー

海を育てるお話

このお話は、男の子が海から拾ってきた小さな海を育てるお話でした。この海は毎日どんどん大きくなっていくので、この男の子の手におえない感じになってきて海へ帰していました。海へ帰すまでに、生き物を育てる責任をお父さんに教えられて心動かされている男の子を見て、読んでいるこっちも素敵な親子関係に感動しました。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


黒井 健さんのその他の作品

みどりのはしご / あきいろのころわん / おつきみ / アンティーク・シオンの小さなきせき / ありがとうの道 / なかないで なかないで



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

海のおっちゃんになったぼく

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット